28日、中国台湾網は、「中国はすでに台湾問題の解決を議事日程に載せている」とする香港メディアの報道を伝えた。写真は「中国統一」のスローガン(福建省アモイ市)。

写真拡大

2017年7月28日、中国台湾網は、「中国はすでに台湾問題の解決を議事日程に載せている」とする香港メディアの報道を伝えた。

香港のニュースサイト「超訊」は28日、香港のジャーナリスト、紀碩鳴(ジー・シュオミン)氏の論評を掲載し、「中国はすでに『守勢』から『攻勢』へと転じ、台湾問題の解決を議事日程に載せている」と伝えた。

論評は消息筋の話を引用し「台湾の現政権が『一つの中国』原則を支持した『92年合意』を認めず『台湾独立』の道をさらに進んでいる以上、北京にはためらうものは何もなく、その上に能力もあり、長々と結論が先延ばしになってきた中台問題を解決する時に至っている」と指摘している。(翻訳・編集/柳川)