2017年秋冬トレンドメーク

写真拡大

 資生堂ビューティークリエイションセンターが、2017年秋冬のトレンドメークを発表した。前シーズンまではリップに重点を置くなどポイントを絞ったメークが人気だったが、今季はオレンジ系に深みをプラスしたブラウンで目もと、チーク、口もとの色味をワントーンに統一するメーキャップを提案。ひとつのパーツを際立たせるのではなく、全体を同系色の色味に抑えることで洗練された印象に仕上げる。

 2017年秋冬シーズンは、多くのファッションブランドのコレクションで昨今の不穏な社会情勢の影響が色濃く反映されていたとし、ショーモデルにもブラックのアイメークやボリューム感のあるまつ毛など、強さを強調するメーキャップが目立ったと分析。資生堂ビューティークリエイションセンターでは、ワントーンで統一感を持たせることで、洗練された中にも「さりげないのにしっかりとした強さ」を印象付けるメーキャップを提案している。
 強さがポイントのトレンドメークを提案した一方で、資生堂ビューティークリエイションセンターが2017年春に東京で行った街頭ヘアメーク調査では、"抜け感"を重視する傾向が継続していることがわかったという。アイラインをあえて引かないなど、「頑張り過ぎない」メークがストリートでは市民権を得ていると発表した。