新店舗の開業日に押し寄せる人々。(C)2016 SPEEDEE DISTRIBUTION, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

写真拡大

7月29日から公開予定の映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』。主人公は世界最大のハンバーガーチェーン「マクドナルド」を築き上げたレイ・クロック。50代にして革新的なシステムで大成功を収めた姿を、彼の自伝『成功はゴミ箱の中に』(プレジデント社)をもとに描いている。「世界一のファウンダー(創業者)」を目指す彼のビジネス手法を、現代の識者はどう観るのか。映画公開記念の連続インタビュー、第3回は「コメダ珈琲」の臼井興胤社長です。

■全世界に浸透した「アクセラレーター」

「マクドナルド」には特別な思いがあり、映画の原作の単行本も読んでいました。僕は小学5年生のときに、初めてあのハンバーガーを食べました。まだ日本に1号店ができる前で、ファッションも含めて米国文化に憧れた少年時代を送ったのです。

でもこの映画を観て、ハンバーガーの文化や時代背景も理解しました。マクドナルド兄弟の「マクドナルド」は1940年創業ですが、映画の主人公であるレイ・クロックが店に行き、兄弟と出会ったのは1954年。僕が生まれる4年前です。他のハンバーガーショップで、ローラースケートを履いた女性従業員がお客さんの前に滑りながら商品を持ってきて、他のお客さんが「まだできないのか!」といら立つような時代。それを誰もがストレスなく楽しめる、手軽で迅速なシステムにした「マクドナルド」方式のすごさを再認識しました。

僕は2006年から2年間、日本マクドナルドにいました。COO(最高執行責任者)の立場で入社したのですが、実は入社前に立場を隠して、近所の「マクドナルド」店舗でアルバイトもした。当時は外食産業が初めてで、現場を学ぼうと思ったのです。

その現場体験も踏まえて思うのは、「マクドナルド」の店舗オペレーションは世界有数です。特にマニュアルは素晴らしい。“移民の国”ともいわれる米国では、人種や育った背景が異なる人が、同一の高水準で接客する必要があることから、あの世界共通のマニュアルができたわけです。マクドナルド兄弟の仕組みを進化させて、全世界に均質化・平準化できるFC(フランチャイズチェーン)店を築き上げたレイ・クロックは、やはりすごい人物です。

映画のタイトル「ファウンダー」(創業者)というのも意味深で、「レイはファウンダーなのか」など、さまざまな解釈ができます。米国人だからつけたという気もしています。別のタイトルなら何があるか?

たとえば「アクセラレータ―」(加速器)でしょうか。

■「0を300にした」コメダ創業者

僕が運営会社の社長を務める「コメダ珈琲店」の創業は1968年。まもなく50年という老舗喫茶店です。もともと喫茶業にくわしくなかったので、2013年7月に社長に就任してから、創業者の加藤太郎さんに何度も会って「コメダイズム」を学びました。

コメダの本拠地は愛知県名古屋市です。ご存じのように名古屋は喫茶文化が盛んで、統計調査では、隣の岐阜市と「日本一喫茶代におカネをつかう都市」の首位を競います。「モーニングサービス」も愛知県で拡大し、ご当地名物になりました。愛知県民は「自宅の居間や会社の応接室の延長」として喫茶店を使います。そうした土地柄を知れば知るほど、セルフカフェにはないフルサービスの喫茶文化を大切にしたいと考えました。そこでコメダは「くつろぐ、いちばんいいところ」という店舗コンセプトを掲げたのです。

映画を観て、マクドナルド兄弟は「0を1にした人」で、レイ・クロックは「1を1000にした人」だなと感じました。実は、当社の“ファウンダー”加藤さんは、マクドナルド兄弟と似た部分もあれば、レイ・クロックと似た部分もあるのです。

「コメダ」の社名は“米屋の太郎”から来ています。加藤さんの生家は米穀店でしたが、彼は跡を継がなかった。その思いを喫茶店の店名に込めました。喫茶店を始めるにあたり、加藤さんはありきたりのやり方では面白くないと考え、独自性を追求した。たとえば、店の名物メニュー「シロノワール」は、当時世の中に出始めていたデニッシュパンを用いた創作料理です。このあたりは、マクドナルド兄弟的なモノづくり意識です。

一方で、1977年から現在のコメダの基本方針を定めました。飲食に関しても専門のコーヒー専用工場を造り、パン工場も造りました。淹れる人によって微妙に味が変わるのではなく、どこでも同じ味を提供してお客さんに満足していただこうと考えたのです。同時期に始めたFC店の店舗展開もそうで、それにより店舗数が拡大できる仕組みとなりました。

このあたりの発想は、非常にレイ・クロックに似ています。加藤さんが2008年にコメダの全株式を譲渡して退任した当時、コメダの国内店舗数は300店台に達していました。ちなみに現在はさらに拡大し、760店を超える店舗数となっています。映画のマクドナルド兄弟とレイの役割分担のような歴史も、現在の社業と照らし合わせて興味深く観ました。

■いい加減な店舗展開に「マジ切れ」

これまでいろんな会社で仕事をしてきましたが、往々にして「0から1をつくる」起業家は拡大を恐れます。「生みの苦しみ」を知っているからでしょう。

映画でもありましたよね。マクドナルド兄弟が「これ以上の店舗拡大はのぞまない」と言う場面が――。でも、52歳になるまで多くの職種を経験しながら、強烈な「のし上がってやる」意識を持ち続けていたレイにとって、“こんな素晴らしいビジネスモデルを、なぜ拡大展開しようとしないのだ”との思いだったのでしょう。

今でもマクドナルド社内では、レイ・クロックは神様のような存在です。ぼくはマクドナルド在籍当時に一度だけ、レイの下でNo.2を務めていたフレッド・ターナーに会ったことがありますが、彼もカリスマ的なオーラがありました。

自分の生み出したビジネスモデルではないにも関わらず、映画ではレイの強烈な思いを示すシーンがあります。会員だった地元の社交クラブの仲間にFC店運営を持ちかけた後、いい加減な店舗運営をする彼らに“マジ切れ”する場面です。

「何で、あんなに店が汚いんだ!」「勝手にチキンなんか売るんじゃない!」

あの怒りは、ハンバーガーショップへの愛情よりも「オレが大切にするシステムが崩れる」という怒りだったと思います。そして、レイの掲げた理念にも感動しました。各地に店舗展開をする時、どの町にも「教会」がある。あれは「家族が集う場所」だと説明して、そのような場所にしようと。「ハンバーガーショップを展開しよう」ではないのです。

先日、コメダ社内の開発会議があった時、僕は部員たちにいいました。「この映画を絶対に見なさい。開発理念が詰まっている」と――。コメダの店舗開発は、単に物件開発ではなく、地域振興の役割も担っています。それぞれの土地にとって「くつろぐ、いちばんいいところ」となる店づくりはどうすればよいか。映画を観て、各自が考えてほしいのです。

■「オレたちに合わせろ」が米国流

複数の米国企業で仕事をした経験でいうと、米国人の基本思想は「アメリカンファースト」(米国第一)です。ナイキ時代には、あれだけ世界各国にスポーツシューズを展開しているのに、アジア人向けのソール(足型)がないという、驚きの現実にも直面しました。

もともと、アングロサクソンの足の特徴は幅が狭くて甲が低い「幅狭甲低」ですが、アジア人は逆で「幅広甲高」です。僕は昔から愛用していたナイキの靴が、他メーカーの靴よりもサイズが大きくないと履きにくかった理由が初めて理解できました。「カッコいいと思っているのなら、足をオレたちが用意した型に合わせて履け」という思想なのです。でもナイキは、中国経済が成長するに従い、アジア人向けソールも用意するようになりました。

実は米国企業が日本で失敗する理由の1つは「米国型にはめ込もう」とすることです。逆に基本は押さえつつ、ある程度はローカルに委ねるとうまく行くケースも多い。日本マクドナルドが、秋の月見シーズンに出す「月見バーガー」が25年も人気なのはその一例です。

本を読んで、映画を観ても、レイ・クロックに対する意識は変わりませんでした。どちらもハンバーガーとポテトを片手に、コーラを飲みながら楽しめる内容です。

----------

臼井興胤(うすい・おきたね)コメダ社長
1958年愛媛県生まれ、東京育ち。一橋大学商学部卒業後、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。約10年後にセガに転職。以後ベンチャーキャピタル、ナイキ、日本マクドナルドCOO(最高執行責任者)、セガに戻って社長、グルーポン東アジア統括副社長を経て、2013年7月にコメダ社長に就任。米国文化を愛し、映画通の一面もある。

----------

(コメダ社長 臼井 興胤 構成=経済ジャーナリスト 高井尚之)