週足や日足を見て大きな方向性とゴールを決める。この場合は下落トレンドの底打ちと直近高値を目指した上昇を想定。ロング戦略に

写真拡大

高層ビルの元窓拭き職人という異色の経歴を持つFXトレーダーが登場。チャート上に2本のラインを引くだけというシンプルトレードで、今年はすでに2000万円弱の利益を叩き出している。その億超えの極意に迫る!

◆FXのチャートに引くラインは2本で十分!?

「勝てるようになったのがFXを始めて4年目。利益が億超えしたんは’15年。8年目やったですかね」

 そう振り返るのはFX歴10年のベテラントレーダーのd-sk氏だ。専業転向からは3年で億超えを果たしたが、初心者時代は苦労も多かったという。

「高層ビルの窓拭きをやっとったんですが、真面目に働いても年収の限界が見えてきた。FXは少額で始められ、夜も取引できるからと兼業で始めたんですが、2日で30万円をなくしました」

 知識ゼロから独学で始めるも、鳴かず飛ばずで3年が過ぎる。

「30万円ずつ入金してはゼロになっての繰り返し。競馬やパチンコの延長でやっていただけでした。そんな時期、インターネットで知り合った仲間と研究を始めたんです。そこに上手な女性の方がいて『あんな、相場はヨコ軸やない。タテ軸で動いてんねんで』とコツを教えてもらいました。タテ軸=レートであり、サポートやレジスタンス。チャートの見方が変わったのは、それからですね」

⇒【資料】はコチラ https://hbol.jp/?attachment_id=147572

 それまでは一目均衡表や移動平均線などを表示。“なんとなく”でチャートの動きを理解しようとしていたという。

◆無駄な指標は排除して2本のラインを引く

「彼女に教わってからは、ローソク足が見えにくくなるだけやんと思い、すべて外しました。今はローソク足にサポートやレジスタンスのラインを2本引くだけ。レートは常にサポートとレジスタンスの間にいる。重要なのは、そのラインをどう抜けるか、なんです。だからラインは現レートの上と下に2本あれば十分。やみくもにラインを引いてもチャートが見にくくなるだけです」

 d-sk氏のスタイルは米ドル/円を中心に10pips前後の利幅を狙っていく短期トレード。しかし、全体のレートを把握するため、まず最初に週足や日足など長期のチャートを見るところから始める。

「長期チャートを見て、大きな方向性とゴール(利益確定)をイメージしておきます。目安とするのは過去の高安値、値動きが転換したレートに引けるラインです。例えば、7月上旬は下落トレンドが一服し、5月高値の114円ミドルをゴールに上昇しそうな気配があった。ならば『本日ロング』と方針が決まります」

 方向性が決まったら、次に考えるのがエントリーのタイミングだ。

「『本日ロング』の方針が決まったら、15分足→5分足→1分足と細かく分解し、ラインを引いていきます。『昨日買いが入ったところまで押してから上がるんかな』とか。『前回の上昇で反転した節目が今回もレジスタンスになるかな』とか考えていきます」

 その中でも重要なレートにはラインを引く。このラインこそd-sk氏の命綱。多くのトレーダーにとってもそれは同じかもしれないが、高層ビルの窓拭き職人として命綱の扱いに長けてきたd-sk氏が狙うのは大衆の命綱が切れた、もとい大衆が引いたラインを抜けた瞬間だ。

「サポートラインを下抜けると売り手は“おっしゃ”と売っていく。しかし、それを覆すくらいの大きな買いが入り、V字で再び上昇することが多々あります。ラインのブレイクがダマシとなり、V字を形成したら、僕の買いタイミング。押し目で買っていきます。売り手はポジションを切らされるし、新たな買い手も入って、上昇しやすくなるためです」

◆動くタイミングを狙ってレバをかける

 では、利益確定の考え方はどうなのか。