網の上でジュージュー焼かれる殻付きホタテ、そんなビジュアルを全面に押し出した『ホタテスティック 浜焼きホタテ味』が2017年7月より発売中! 今夏、大注目のおつまみスナックはどんな味なのか、実際に食べてみた!

■大人のための「おつまみスナック」として圧倒的存在感!

お菓子はこどもが食べるもの、そんなイメージはもう昔のこと。今や少子高齢化にともない、大人のためのスナック菓子がかつてない充実度を見せている。この夏の大本命である東ハト『ホタテスティック 浜焼きホタテ味』(40g・希望小売価格 税抜122円・2017年7月3日発売)もそのひとつ!

パッケージは大人の「黒」を基調とし、網の上で焼かれる殻付きホタテのビジュアルがたまらなく食欲をそそる。ぐつぐつ煮える貝汁と醤油の泡、写真を見るだけで「これは食べなくてはいけない!」と思ってしまう。しかもスティックタイプでカップ入りという、ビール片手につまみやすいスタイルも魅力。

■X型スティックのザクザク食感は『ホタテスティック』だけ!

さっそくフタを開けると、醤油のこんがりとした香りがする。カップ型のおつまみといえば、カルビー「じゃがりこ」をまず思い浮かべるのだが、じゃがりことは異なりスティックの形状がX型になっている。

食べてみると、なるほどこの形状なら噛んだときの食感がザクザクバリバリと歯ごたえがある。とても軽い食感で、噛み続けていても長い間ザクザク感が持続する。しかもじゃがりこほどの硬さはないので、1カップ全部ひとりで食べきっても顎が疲れない大人に優しい設計だ。

噛むほどに醤油とホタテの香りがじゅわっと口に広がり、これはもう止められない! バターパウダーの甘じょっぱさがさらにおいしい。麦茶や炭酸飲料にも抜群に合うが、やっぱりビールのアテとしても本領を発揮。

おつまみスナックとして十分なポテンシャルを持っている『ホタテスティック 浜焼きホタテ味』。これはリピート間違いなしの美味さだ。欲を言うなら黒コショウなどの刺激があればなお良し、というところなのだが「あまじょっぱさ」でいうなら敵なしの味わいだと思う。

しかも1カップ(40g)あたり187.1kcalで、基本的にはコーンが原材料なので、ポテト系のスナックに比べると半分程度のカロリーで抑えられるという嬉しいおまけ付き。ついつい食べ過ぎ&飲み過ぎてしまう夏だから、カロリーにも気を配りたい。

東ハト『ホタテスティック 浜焼きホタテ味』は、全国のスーパーやコンビニエンスストアなどで発売中。独特のザクッとした堅焼きの食べ応えとあまじょっぱさをぜひ一度味わってみて。

 

東ハト ホタテスティック浜焼きホタテ味 40g×12箱