チェルシー指揮官のアントニオ・コンテ

写真拡大

チェルシーの監督アントニオ・コンテは、ヨーロッパのサッカー界で、誰しもが認める最も気性の激しい指揮官の一人として評価されている。動き、大声で叫び、ジェスチャーをし、そして抗議する...全ては90分間にわたり、観客たちが気付かぬことのない1つのショーだ。

【関連記事:チェルシー 中国に公式謝罪】

イタリア人指揮官は、ベンチ上でじっとしていることができないこと、そして試合中の緊張がそのように振る舞わせ、毎試合後に体重が落ちていることを認めている。

「試合が終了する時、私はヘトヘトになっている。毎試合、2-3キロ体重が落ちていると思う」とアントニオ・コンテはプレシーズンツアーを行なっているシンガポールで表明した。

ブルーズ(チェルシー)の監督は、選手たちに“自分の仕事の全ての情熱を伝える”ために、試合中ライン際で活発的でいることが好きだとコメントした。

「非常に多くのエネルギーを必要とする、この情熱と共にベンチに居続けることは、将来とても難しいということを私は理解している。」