3Dプリンターは一家に一台の時代!? 2万9800円で本格派が手に入れられます

写真拡大 (全6枚)

一度は試してみたい、3Dプリンター。高価だから無理と思っていた皆さま、3万円を切るものが登場ですよ。

 

3Dプリンターメーカーのボンサイラボから、3Dプリンター「BS CUBE」が発売になりました。中国製ではありますが、クオリティは日本製を自負しているという自信作なようです!

 

「BS CUBE」は、3Dプリンター初心者はもちろん、設計したデータを気軽に形状確認したいエンジニア、デザイナー、3DCADを学ぶ学生、ファブスペースを運営する法人など幅広い層に「普及モデル」として推奨できるポイントが数多くあります。

まず、面倒な組み立てや準備などが不要で。すぐに使えるということ。箱を開けてからセットアップ、プリントまで10分程度です。

メンテナンス・調整は、ほぼ不要。プリント時パソコンとの接続も不要です。そのうえ、LCDスクリーン(液晶画面)で簡単操作。

また、造形物の取り外しが簡単にできるマグネットテーブルを採用しています。つまり、非常に初心者向けなアイテムなんですね。

本体サイズも、幅210mm、奥行き195mm、高さ279mmとコンパクト設計です。

一方で、積層ピッチは、0.1〜0.4mm(推奨0.2mm)。産み出すプロダクトの精密さは、申し分ないでしょう。

なお、ボンサイラボでは、BS CUBE(TM)推奨フィラメント(250g)も発売開始です。

本体にハンギング可能で失敗が少ない高品質フィラメントには、造形が綺麗に仕上がるシルキータッチ色をはじめ人気色9色をラインアップ。フィラメント価格は1,280円(税・送料別)になります。

いままで迷っていたあなた! ぜひ、この機会にトライしてみては?

なお、この価格はキャンペーン期間のみで、2017年10月1日以降は標準小売価格 3万4900円(税・送料別)となります。

>> ボンサイラボ