SF映画に出てきそう! 古い飛行機の部品をリメイクしたソファやキャビネットがステキです

写真拡大


もし空の旅が好きなら、ふだん地上にいるときも飛行機気分を味わいたいかもしれません。そんな方たちのために、今回はとーっても素敵なアイテムの数々をご紹介します。

それは、航空機の一部を使って作った家具! ソファやデスク、キャビネットなど「まさか飛行機のこの部分がこんな家具に……!?」と思わず驚く発想がいっぱいです。

【エンジンカウルから作ったイス】

メタリックな光沢が近未来感あふれる丸いイスは、ボーイング737のエンジンカウルから作られたもの! 言われてみれば、この丸みや大きさはたしかに航空機のカウルそのもの! シートがつけられていて、案外座り心地もよさそう!?

【飛行機の車輪でできたテーブル】

続いてはガラス張りの透明なテーブル。

使われているのはボーイングの車輪です。車輪をテーブルの支えにするなんてとってもユニークな発想ですが、航空機好きな人たちだと「オレはボーイング747のテーブルがいい」「いや、やっぱ777でしょ」といった会話になるのでしょうか。

【キラキラ輝くゴージャスなキャビネットと時計】

最後にご紹介するのはゴージャスきわまりないキャビネットと大きなクロック! 高さ約2.4メートル、重量約270キロという堂々たる大きさなうえに、鏡張りのようにキラキラと光り輝くキャビネット。見ているだけでウットリしてしまいます。

なんとこれ、クラスター爆弾からできているそう……!! そして、クロックは飛行機の窓を利用して作ったというもの。迫力あります。

【作っているのは?】

家具を作っているのは「Fallen Furniture」という会社。軍用機と民間航空機の両方から、歴史ある本物の部品を使って、新しい家具へと生まれ変わらせているのだとか。公式ウェブサイトでは他にも時計やライト、テーブルといったアイテムも公開されています。

どんな航空機のどの部分を使われているか、画像を見ながら考えてみて!

参照元:Fallen Furniture、Boredpanda
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch

画像をもっと見る