試合後、ネームプレートを持ってじゃれ合う虫賀姉妹

写真拡大

「第35回 第一生命 全国小学生テニス選手権大会」(東京都世田谷区・第一生命相娯園グラウンドテニスコート/7月28〜30日)の大会3日目は、順延となっていた男子の準々決勝および、男女の準決勝、決勝がなどが行われた。

 女子決勝は5月の全国選抜ジュニアに続き、愛央と心央(ともに愛知/一宮市立奥小学校)の虫賀双子姉妹対決となった。同日の準決勝では、妹の心央が齋藤咲良(群馬/前橋市立二之宮小学校)に6-1 6-3のストレート勝ちで先に決勝進出を決めていた。

05saito.jpg

(写真)「目標のベスト4が達成できてよかった」と5年生ながら上位に進出した齋藤咲良

 姉の愛央は石井さやか(東京/私立青山学院初等部)に第1セットを奪われる苦しい展開だった。だが、第2セットを取り返してファイナルセットに持ち込み、最後はタイブレークの末に、4-6 6-2 7-6(2)で辛くも勝利した。

 この消耗戦を終えてから、ほとんど休む時間も取れずに決勝が行われた。勝負に徹する心央は「愛央は疲れているから振り回して、エンドチェンジでは早くコートに出て、体力を奪おうとした」という。

 一方、疲れの残る愛央はのエンドチェンジの時間をいっぱいに使って疲労回復に努める。それでも、コート上で繰り広げられたのはまったく互角の戦いだった。

 お互い1ゲームずつを取り合う一進一退の攻防となった第1セットは、5-5から心央が2ゲーム連取で奪った。

「心央に勝って優勝する」ことを目標に掲げていた愛央も意地を見せる。第2セット3-3からブレーク、キープ、ラブゲームでブレークして取り返した。

 1セットオールにされて心央の闘志に火がつく。それまで何度もブレークされるなど苦戦していたサービスゲームを最終セットだけはすべてキープ。2度のブレークに成功し、最終的に7-5 3-6 6-3で愛央を振りきった。

 心央は「得意のバックハンドのクロスがよかった。ダブルフォールトが多かったけど、それ以外のサービスは攻めにいけた」と勝因を語った。

「疲れはあったけど、すごく調子がよかった。たぶん今大会一番」と愛央は敗れた中でも充実の表情を浮かべた。普段はミスが多いというバックハンドのダウン・ザ・ラインがよく決まり、試合を重ねるごとに調子を上げてきた。さらに「1年に3回も決勝で負けられない」と8月の全日本ジュニアでのリベンジを誓った。

テニスマガジン/Tennis Magazine◎池田 晋)