スペイン艦隊 プレミア勢力は

写真拡大

スペインサッカーは、イングランドで先祖を失っていない。
たとえ2014年のワールドカップでスペイン代表が輝きを失い、EURO 2016でも思わぬ敗退を喫してても、プレミアリーグは注意を払っていて、リーガ出身の4人の選手たちが加入した時からそれは始まった。そして、今季はラファ・ベニテスがボルシア・ドルトムントからローンでミケル・メリーノをニューカッスルに加入させる。
現在、合計でプレミアリーグの14のクラブに、34人のスペイン人選出たちが在籍している。

【関連記事:大久保嘉人 リーガを経験して】

トッテナム、ボーンマス、ハダースフィールド、ウエスト・ブラムウィッチ、バーンリー、そしてジョー・ハートの加入によってレギュラーの座を奪われるだろうアドリアンをウェストハムから加入させようとフランク・デ・ブールは考えているにもかかわらず、クリスタル・パレスは誰1人として、スペイン人選手を抱えていない。

チェルシーは、アスピリクエタ、マルコス・アロンソ、セスク、モラタ、そしてペドロがスペイン艦隊を構成しており、ディエゴ・コスタがチームを去った場合5人だが、現在のところ最も多い6人のスペイン人選手が所属している。

アーセナルとニューカッスルが、その後に次いでいる。
ベジェリン、モンレアル、カソルラ、ルーカス・ペレスがガナーズの選手である。マンキージョ、ガメス、アジョセに踏まえ、メリーノがカササギ(ニューカッスルの愛称)に加入した。

ワトフォードのキコ・フェメニーナ、スウォンジーのロケ・メサ、レスターのイボラ、エバートンのサンドロは、ここ最近加入したところだ。ウェストハム、マンチェスター・ユナイテッド、ストークシティは3人の選手が所属している。

2人所属はエバートン(今のところ)、そして1人だけの所属のリバプール、サウサンプトン、マンチェスター・シティ、レスター、ワトフォード、ブライトンは、デ・ヘア、エレーラ、ダビド・シルバ、セスク、ベジェリンのような有名な選手が候補として、そして、シーガルズ(ブライトンの愛称)の忍耐強いキャプテンであるブルーノ・サルトールは、重要性を保つための最後の選手としてリストに挙がっている。