盛りだくさん!超ゴールを決めたあと退場したGKがいた

写真拡大

なんとも盛り沢山なゴールキーパーがいたものだ…。

29日に行われたベラルーシ1部リーグ第16節で対戦したのは、ヴィテブスクとクルムカチ・ミンスク。

この試合でなんとも大きな存在感を見せたのは、クルムカチのGKとして出場したエフヘニー・コスチュケヴィッチだ。

1-2とリードされて迎えた55分、クロスをキャッチした彼は隙を見てそのまま素早くパントキック!(動画3:25〜)

大きくバウンドしたボールはなんとそのままヴィテブスクのゴールに吸い込まれていった。スタジアムも大盛り上がりの同点ゴールに!

ところがそれから23分、コスチュケヴィッチは裏に飛び出してきた選手と接触!そしてレッドカード!(動画4:27〜)

世界広しとはいえ、1試合でゴールと退場を同時に経験したゴールキーパーは彼しかいないだろう…。

なおコスチュケヴィッチはゴールについて「フシュチェンコ(相手GK)は残念だっただろうね。でもあれは事故。皆に起こり得ることだよ」と話したという。