◇米女子ゴルフツアー スコットランド・オープン最終日(2017年7月30日 英国ゲイレス ダンドナルド・リンクス=390ヤード、パー72)

 20位で最終日に臨んだ宮里藍(32=サントリー)は4バーディー、1ボギーの69で回り通算1オーバーで終え、今季自己最高の13位となった。27位で出た野村敏京(24=フリー)は5バーディー、4ボギーの71で回り通算4オーバーの23位。66とで回った李美香(24=韓国)が6打差を逆転し通算6アンダーで3季ぶりの米ツアー2勝目を挙げた。

 風がやや穏やかになった最終日。宮里は好調なショットを武器にバーディーを重ねた。4番パー3は50センチに止めるスーパーショットで、5番パー5は3打目を2メートルに付けて連続バーディー。9番も2・5メートルに付けて伸ばした。18番パー5ではグリーン左からの3打目を1・5メートルに付けてバーディー締め。通算1オーバーでホールアウト時点で14位まで順位を上げた。

 第3日は強風の中で耐えた。15番では深いポットバンカーから1・5メートルに寄せてパー。雨に見舞われた18番パー5は第3打を1メートルに付けて唯一のバーディーを奪った。3ボギーを叩いたものの74で回り20位に浮上。「さすがに順位が下がると思ったから(上がって)びっくり」と笑みを見せた。次戦の全英リコー女子オープンの前哨戦。「コースの攻略はできている。我慢すれば上位に行ける」と話した。言葉通り手堅いプレーを見せた。

 ▼宮里藍 最後バーディーで終われて良かった。トップ10を目指して頑張ったけど、良い緊張感の中で良いプレーができたので来週に向けて大きい。(全英の)目標は優勝だけどリンクスは一つ一つ丁寧にプレーすることが大事。来週もこの流れで行きたい。

 ▼野村敏京 4日間で1日でもアンダーパーで回れて良かった。来週は今週より風が強いと思うし、雨も降ると思うし、寒いと思うけど頑張ってみる。