総立ちのファンと寄せ書きの横断幕をバックにデビュー15周年を祝うLead。(左から)鍵本輝、古屋敬多、谷内伸也

写真拡大

 男性3人組「Lead」が30日、デビュー15周年記念公演を千葉・舞浜アンフィシアターで行った。

 02年7月のデビュー曲「真夏のMagic」から新曲「Beautiful Day」(8月23日発売)まで、28曲のシングル曲を全て披露。アンコールまでトークをせず、ぶっ続けで歌い踊った。29日の1公演と合わせ計3公演の体力勝負。見事に完走し、鍵本輝(28)は「これからも走り続けてもっと大きなステージに立ちたい」と意気込んだ。

 順風満帆な15年ではなかった。04、05年に日本レコード大賞優秀作品賞を受賞するなど、順調にキャリアを積み上げる一方で「けんかして誰とも話さなくなったことがあった」(鍵本)という。

 13年3月にはリーダーの中土居宏宜さん(32)が卒業。3人は途方に暮れたが、その中土居さんが美容師を目指して下積みする姿を見て奮起。グループは第2章へと舵(かじ)を切った。谷内伸也(29)は「皆さんがいつも自分たちを受け入れてくれたから今がある」と、観客6000人に感謝した。