キャメロン監督「ターミネーター」復活へ動く

写真拡大

ジェームズ・キャメロン監督は、「ターミネーター」シリーズを3部作として復活させたいそうだ。

1984年公開作「ターミネーター」と続編「ターミネーター2」で監督を務めたキャメロンだが、2003年公開作「ターミネーター3」、2009年公開作「ターミネーター4」、2015年公開作「ターミネーター:新起動/ジェニシス」には関わっていないため、同シリーズを自らの手で新たに復活させたいとNews.com.auに語っている。

「問題は、このシリーズは独自の道を進んでしまっているのか、それともリフレッシュさせることができるのかということなんだ。最初の2作でSFだったことに追いついてしまっている今日と、関連性を持たせることができるのか。我々は現在、無人偵察ドローンや監視、あらゆるデータ、AIなどの世界を生きているからね。『ターミネーター』シリーズの世界中での権利を持っているデヴィッド・エリソンといま話し合っている最中で、アメリカ市場の権利をアメリカの著作権法のもと、僕のところに戻すことや、2人で何ができるかについて考えているところなんだ。今のところ、僕たちは3部作に仕立てて、新たに作り直す方向でいるよ」

また、同シリーズでお馴染みのアーノルド・シュワルツェネッガーは以前、キャメロンがシリーズ最新作にプロデューサーとして参加し、メガホンを執るティム・ミラーと共にクリエイティブ・コンサルタントも担当すると明かしていた。

そんなキャメロンは現在、監督作「アバター」の続編3作品を製作している。