ドルトムントのエムレ・モル【写真:Getty Images】

写真拡大

 ドルトムント所属のトルコ代表MFエムレ・モルは噂されていたハノーファーへの移籍がなくなったようだ。

 先日、独紙『ビルト』の取材に対しハノーファーのアンドレ・ブラインテンライター監督は「ドルトムントのようなビッグクラブの選手が大きなクオリティーを持っているなら興味を示すのは当たり前だ」とモルに関心を持っている事を明らかにしていた。

 なお、移籍が破談した理由として同紙は高額な移籍金を挙げている。ドルトムントが2000万ユーロ(約26億円)の移籍金を求めたが、ハノーファーでマネージャーを務めるホルスト・ヘルト氏は「我々は一人の選手と契約するために2000万ユーロを投資することは出来ない」とこれを拒否したようだ。

 モルを断念したハノーファーは現在中国1部遼寧宏運に所属するナイジェリア代表FWアンソニー・ウジャー獲得へ動いているようだ。

text by 編集部