心臓病で突如引退…なのにイタリアの29歳FWが前向きすぎる

写真拡大

『Gazzetta dello Sport』など各メディアは29日、「ヴィルトゥス・エンテッラのFWアンドレア・カテッラーニが現役引退を発表した」と報じた。

アンドレア・カテッラーニは1988年生まれの29歳。レッジアーナの下部組織で育成された選手で、その後モデナやサッスオーロ、カターニア、スペツィアなどでプレーした。

今年1月にヴィルトゥス・エンテッラと契約し、19試合4ゴールという記録を残していたが、今夏突如引退を余儀なくされることになった。

その原因は、メディカルチェックで心臓に問題を抱えていることが明らかになったためだ。その知らせを受けて彼はサッカーを続けることを断念し、引退を発表したとのこと。

アンドレア・カテッラーニ

「僕は新しい冒険を始めるよ。そして、生活を一新する強さを見つけなければならないね。

わかっていたよ。遅かれ早かれ、ボールは時が経つごとに形が失われていくものだと。

僕は歩き出さなければならない。これまで、自分の将来を形作るために努力をしてきた。そして、未来は今から始まるんだ」
アンドレア・カステッラーニ

「妻には感謝しているよ。彼女はずっと僕の側にいてくれたし、これからもそうしてくれるだろう。

難しい時間に寄り添ってくれた。そして、サッカーを終えた後の人生が大事だということを、僕に気付かせてくれた。

家族にも感謝したい。そしてヴィルトゥス・エンテッラにも。ゴッツィ会長は信じられないような人情を見せてくれた。従業員としてだけではなく、人間として気を使ってくれた。

クラブやメディカルスタッフにもありがとうと言いたい。僕の戦いは、彼らの戦いでもあったからね。皆が強さをくれたんだ」

「不整脈は7月14日の検査で発見された。

ドクターは『良いニュースと悪いニュースがある』と言ったんだ。良いことは、命に別状はないという点だった。

僕は『わかった、もういいよ』と言ったんだ。なにせ、悪いニュースは“もうサッカーは出来ない”ということだったからね。まあ、それは二の次だ。

練習や試合への準備、そしてプレーは懐かしくなるだろうね。

でも、今僕は新しい章を歩み始めたんだ。それはワクワクする、満足できるものになると確信しているよ」

なお、カテッラーニは今後ヴィルトゥス・エンテッラのスカウトに就任することが決まっている。