「全っっ然割れない!」宝石泥棒が必死でショーケースを割ろうとしてる映像が完全にコントです

写真拡大

今回ご覧いただくのは、マレーシアのクアラ・ルンプール近郊にある宝石店に窃盗団が盗みに入った様子をとらえた監視カメラの映像です。

映っていたのは、泥棒グループがジュエリーが入ったショーケースを割ろうと奮闘する姿。

大の男が2人がかりで力いっぱいハンマーらしきものを振り下ろしているにもかかわらず、ショーケースはまったく割れる気配なし。あまりにも割れないので、泥棒たちも目に見えて疲弊していっているんです。一体このショーケース、何でできてるんでしょ!?

【ショーケースつおい】

泥棒グループは総勢4名。なんとか頑張って(?)ショーケースにヒビを入れるところまでは成功したものの、動画を観るに、商品に手は届いていないみたい。

丈夫すぎるセキュリティーガラスのおかげでジュエリーはある程度守られたようですが(盗まれたかどうかは不明)、海外サイト「Mashable」によれば店には修理が必要で、2週間ほどクローズしたのだそうです。

また泥棒たちにもケガはなかったようですよ。ケガがないとわかったということは、無事に捕まったと推測できますね。よかった!

【このガラス、めっちゃ売れそう】

宝石店は被害に遭った後の店内の様子をとらえた写真もフェイスブックで公開しているのですが、ショーケースの上や床一面に散った細かなガラスの破片が、衝撃の大きさを物語っています。

それでもなお完全に割れてしまうことのなかったショーケースは、間違いなく今回の事件における功労者です。動画を観て「ウチもこのガラスにしよう……!」と思った宝石店はきっと、少なくないでしょうね。どこのガラスメーカーのものか分からないけど、この防犯ビデオはいい宣伝になりそう……。

参照元:Facebook、Mashable
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画・画像を見る