ヒアリの侵入を機に、もっと今議論すべきことがある。(写真:Alamy/アフロ)


 ヒアリ日本上陸の報告が続いている。

 2017年6月9日兵庫県尼崎市のコンテナ内で確認されたことを皮切りに、6月18日神戸市、6月30日愛知県弥富市、7月3日大阪府大阪市、7月6日東京港でもヒアリの存在を確認。さらに7月14日には横浜港、神戸港、7月21日に博多港でもヒアリが見つかった。

 中でも神戸市尼崎市や横浜港では、さなぎや幼虫が合計数百個体発見された。これはコンテナ内や港内での繁殖の可能性を示唆するものだった。ヒアリの定着を防ぐため、引き続き周辺域の調査と防除を進めていくことが必要だ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

メディア報道の懸念点

 ヒアリは「ソレノプシン」というアルカロイドを含む毒を持っており、毒針で刺されると激しい炎症を引き起こす(ネット上では「ヒアリ」とされる昆虫を生で食している人の動画が紹介されているが、これは話題づくりにしても悪質だ)。攻撃的なうえに繁殖力も高く、しかも人と生活環境が重なる。そのため日本で分布を広げていく危険性は、周知されるべきだ。

 ただ、昨今のメディアによる報道を見ていると、刺された際の人体や家畜への直接的な被害にばかり焦点が当てられている。恐怖心をあおられ、アリ用殺虫剤の売上が増加しているとも聞く。冷静な対処を、と呼びかけるのもよいのだが、そもそもヒアリの定着を防ぐ目的はこれだけなのか。重要な問題を見過ごしていないだろうか。

ヒアリは単なる「害虫」か

 これまでの報道は、ヒアリをあたかも単なる「害虫」のように捉えてしまっているように見える。「害虫」を片っ端から駆除し、消失させれば今回の問題は解決するだろうか。

 害虫を消滅させれば、また別の害虫が現れるといった新たな問題に直面する。かつての害虫防除に失敗した歴史を見るかのようだ。生物間の関わりを捉えず、目先の被害にとらわれた駆除は成功しない。現在の害虫防除学では、周知の事実である。

 今回ヒアリを首尾よく駆除したところで、今後も第2、第3のヒアリの侵入が続くことは避けられない。海外からおびただしい量の物資が、日本へ流入してくる。それに伴い、海外からやってくる生物の数は年々増えていく一方だ。海外旅行へ出かける我々自身も外来生物を運ぶ共犯者だ。

 もはや外来生物は排除しつくすことは、ままならなくなっている。日本は現実的な方法として、駆除すべき外来生物を、種ごとに指定するブラックリスト方式をとっている。つまり、このブラックリストから外れている外来種の多くは、定着も許容されることとなる。

 ヒアリの侵入は、今後我々がどう外来生物と関わっていくべきかが問われている問題だ。目先の利害のみに専念し続けてしまった先には、多くの固有種が絶滅し、変わり果てた日本の自然風景が広がっている、という可能性もある。

外来生物に対する日本の考え方

 ヒアリをはじめとする外来生物が及ぼす生態系への影響は、国も重要視している。環境省によれば、ヒアリの侵入で懸念される影響は以下のようである。

(1)生態系に関わる影響:他種のアリと競合し駆逐する恐れがある。極めて攻撃的で、節足動物のほか爬虫類、小型哺乳類をも集団で攻撃し捕食することが知られ、鳥類の営巣・雛の生育に影響を及ぼした例もある。

(2)農林水産業に関わる影響:牛、馬、鶏など家畜への死傷被害。

(3)人体に関わる被害:刺されると、アルカロイド系の強い毒による痛みやかゆみ、発熱、じんましん、激しい動悸などの症状が引き起こされる。アレルギー性のショックで昏睡状態に陥ることもあり、米国ではこれまでに多くの死者が出ている。
 

 環境省はヒアリに限らず、外来生物は人畜に被害を及ぼす可能性のほか、在来生物を捕食、競合および交雑することで在来生物を駆逐する可能性がある、と捉えている。

 さらに、2005年より施行された外来生物法により、指定された外来生物(特定外来生物)の野外への放出、運搬、飼育を禁じており、違反したものには3年以下の懲役または300万円以下の罰金という非常に重い罰則が科されている。ヒアリも施行年より特定外来生物に指定されている。

 文科省も、2012年から中学の学習指導要領で外来生物に触れるようになった。自然環境を保全する重要性を知る中で、外来生物の問題を取り扱うよう指定している。

 高校の学習指導要領においてはさらに踏み込み、「外来生物の移入や森林の乱伐などによって生態系が攪乱され、生物の多様性に変化がみられた例について、科学的なデータや根拠を示して生態系の保全の重要性を理解させること」と謳われている。

生態系への影響に関する問題は避けられてきた

 国がヒアリの影響として(1)(2)(3)を挙げているにもかかわらず、大半のメディアが上記(2)(3)の報道に偏る理由は、読み手にとって分かりやすく、身近な問題と捉えやすいからであろう。一方、(1)の生態系への影響は我々自身に関わる問題として捉えにくい上に、どのようなリスクが生じるか予測しにくい。

 実はメディアだけではない。環境省が発行している広報用のチラシを見ても、生態系への影響に対する警鐘は皆無だ。

 また、中高生・教員向けに作成されたチラシも、ヒアリが引き起こす影響ではなく、在来のアリを駆除することへの生態系の影響に触れるのみで、ヒアリの移入による自然環境への影響には言及がない。文科省はこのチラシを7月19日に周知するよう各教育機関に通達している。

 教育現場においても、断片的で不十分な情報しか与えられていない。この問題の原因ははっきりしている。「外来生物」、「生物多様性」という概念がまだ新しく、それらの言葉と生態系との関わりが「常識」と呼べるほど定着していないためだ。

 ヒアリに大きな関心が注がれている今こそ、外来生物が及ぼす生態系について議論を深めていく必要がある。

我々にとって望ましい生態系とは何なのか

我々はどこまで生態系を改変していく覚悟があるのか。


 外来生物は生態系を消滅させるわけではなく、そこからまた新しい生態系が作られていく。このことから、外来生物の定着によって、在来生物の絶滅もある程度は許容されるという考え方もでてくる。

 しかし、外来生物がもたらす生態系への影響は予測が難しい。我々の都合のよい形で「よしなに」生態系の秩序が保たれるかどうかは誰にも分からない。

 1つだけ確実に言えることは、いったん改変された生態系を元通りに修復させるのは非常に困難だということだ。我々が歩んで行く道は、そう簡単に後戻りできないのである。リスクがあるのか無いのか、誰も分からないまま、とりあえず人間活動による生態系の変革は続いているというのが現状だ。

 さらに、在来生物を絶滅させる行為は許されるのか、という倫理的な問題もある。種や亜種というものは基本的に何十万年、何百万年もかけて誕生していくものである。どんな在来生物であれ、この途方もない年月をかけて誕生した生命を、人間の都合で一瞬にして破滅させて良いものかどうか。

 同時に、在来生物を守ることにより、外来生物を駆除すること自体の倫理的問題も生じることとなる。外来生物といっても、元々は別の地域で生態系を構成していた生物である。生物自身に罪はない、人間の都合で駆除するのはおかしい、といった意見はあるだろう。

 いずれの考えも一理ある。解答のない難解な問題だが、我々自身の問題でもある。我々は、豊かな恵みを与えてきた日本の自然環境をどうすべきなのか。どこまで日本の生態系の変貌を許容する覚悟があるのか。日本固有の生態系を守る意義は何なのか。

 ヒアリの侵入は、待った無しの決断を我々に突きつけている。

筆者:水野 壮