画像提供:マイナビニュース

写真拡大

お笑いコンビ・とろサーモンの久保田和靖が、カンテレ・フジテレビ系ドラマ『僕たちがやりました』(毎週火曜21:00〜)で、あす8月1日に放送される第3話に出演する。

人生"そこそこ"で生きていければいいと思っていたトビオ(窪田正孝)とその仲間が、向かいの高校へイタズラ心で行った復しゅうが謎の爆発事件に発展したことから繰り広げられる青春逃亡サスペンスの同作。久保田が演じるのは、逃亡生活を始めたトビオとマル(葉山奨之)が「死ぬまでにやりたいこと」を実現させるために出かけたキャバクラに勤めるボーイ役だ。

劇中では、女の子の体を執拗に触るマルを店から追い出して「二度と来るなよ!」と威嚇するセリフも。久保田は下積み時代、セクシーキャバクラで働き、圧倒的なマイクパフォーマンスで店長まで上り詰めた経歴の持ち主で、今回の撮影でもその腕前を見せているほか、窪田や葉山にすごむなど、圧巻の演技を披露する。

久保田は「芸人の中でも『原作がおもろい』と評判のドラマに出れると聞いたのでうれしかったですね」と喜びをコメント。主演の窪田については「同じ『くぼた』なのに、こうも顔や目の色肌の色が違うかと思いました。同じく『くぼた』として繁栄していきたいなと思いました」と感想を語っている。

久保田が登場するシーンは、元々原作マンガでも描かれているが、そこに登場する男性店員のモデルは、実は久保田本人だと言われているキャラクター。カンテレの米田孝プロデューサーは「原作と、久保田さんご自身へのリスペクト。これに尽きます」と起用理由を明かした。

また、久保田が得意のマイクパフォーマンスのネタで登場するシーンは、キャスティングが決まった後に急きょ追加したそうで、米田プロデューサーは「監督と相談して、『やってもらうしかないでしょ!』と、意見が一致しました!」と裏話を披露。「久保田さんの部分だけ、『台本に意味があったのか?』と思うくらいのアドリブの連発で、現場は笑いに包まれました! さすがです!」と舌を巻いていた。

久保田が登場する第3話は、罪の追及を恐れて海外逃亡を図るものの、目の前でパイセン(今野浩喜)が逮捕されたことで、追い詰められていくトビオの逃亡生活がスタート。キャバクラのシーンは、逮捕されることへの恐怖心から自暴自棄になり、欲求を爆発させていくトビオたちが、転落していくきっかけとなる。