身勝手な男女のラブストーリー (C)2017 Liverpool

写真拡大

 ゲームやアニメ原作の“2.5次元舞台”で活躍する俳優・染谷俊之が主演を務める映画「星降る夜のペット」が、9月9日から公開されることが決定した。

 「デスブログ 劇場版」「死の実況中継 劇場版」などを手がけた仁同正明監督がメガホンをとった本作は、身勝手な男女によるラブストーリー。カメラマンアシスタントの新山俊は、独立資金を稼ぐため、1カ月に100万円稼げるアルバイト「レンタル彼氏」を始める。後輩の九条隼人から客として紹介された女性・栗山杏子と恋人契約を交わすが、ドSな性格の杏子は無理難題を突きつけ、暴力もふるうなどやりたい放題。だが奇妙な恋人関係を続けるなかで、次第に2人の距離は近づいていく。

 キャストは、多彩な顔ぶれが結集。ミュージカル「テニスの王子様」や舞台「弱虫ペダル」「刀剣乱舞」でおなじみの染谷が主人公の俊、「悪の教典」「仄暗い水の底から」の菅野莉央がヒロイン・杏子に扮する。さらに舞台「黒子のバスケ OVER-DRIVE」で知られる石賀和輝、「TRASH トラッシュ」や「表と裏」シリーズに出演した遠藤要、「ホワイトリリー」の飛鳥凛、ミュージカル「テニスの王子様2ndシーズン」の久保田秀敏らが脇を固める。

 なお主題歌には、ダンスボーカルユニット「龍雅 Ryoga」の新曲「SUPERNOVA」が起用されている。「星降る夜のペット」は、9月9日から公開。