ファンにドSな言葉を投げかけた吉沢亮

写真拡大

 俳優の吉沢亮が30日、都内で行われた映画『銀魂』& dTV「銀魂-ミツバ編-」Wヒット記念! イッキ見上映会に北乃きいと登壇し、ドSな言葉を投げかけてファンを悶絶させた。

 ベビーフェイスとは裏腹に、ドSの腹黒い精神を持つ真選組一番隊長・沖田総悟を演じた吉沢。この日、ファンからの質問コーナーで「自分の中に秘められたSの部分は?」と問われると、「どっちかと言うとSですね。いじられたり、上から来られたりするのがすごい嫌いなのでMではないです。人をいじり倒している方が好きなので」と回答。さらに、質問者がMであることを聞くと「合うじゃん」とニヤリと笑い、観客の黄色い悲鳴を浴びた。

 また、「ドSな言葉を言ってほしい」とリクエストを受けると、自ら質問者に「(ステージに)来て」と提案し、「すごく恥ずかしい。何にも出てこない」と焦りつつも、じりじりと近寄りながら「シュリ(質問者)、映画もドラマも俺のために見とけよ!」とドSな顔つきで言葉をかける吉沢。その後、質問者が「うれしいです」と震えながら歓喜し、会場も盛り上がる中、吉沢は「恥ずかしいー。一気に体温が上がった……」と先ほどとは打って変わったキュートな表情で照れまくり、真逆な一面でファンをより喜ばせた。

 福田雄一監督のもと豪華俳優陣が集結し、奇跡の実写映画&ドラマ化に成功した『銀魂』。映画ではパラレルワールドの江戸末期を舞台に、宇宙一バカで熱い侍・坂田銀時(小栗旬)が仲間を守るため、かつての同志と熾烈な争いに身を投じるさまを、ドラマでは真選組を中心に、沖田(吉沢)の姉・ミツバ(北乃)をめぐる陰謀とそれに立ち向かう真選組の活躍、土方(柳楽優弥)とミツバの悲恋を描き、ともに大ヒットしている。

 出演が発表された際、「仕事をやっていて初めて」と驚くほど、「いろんな人から『沖田やるんでしょ?』と連絡が来て、やっぱり『銀魂』は凄い」と感じたという吉田は、「淡々と毒舌でしゃべっている役で、監督が一切笑わないのでビクビクしながら撮影していました」と意外な映画撮影中のエピソードも紹介。そして、ドラマ版では「沖田の飄々とした腹黒い部分が崩れる瞬間を見ていただける」と見どころを明かすと、「映画並みのクオリティーで撮っている作品なので、映画とはまた違う、泣ける『銀魂』を楽しんでください」とアピールした。(取材:錦怜那)

映画『銀魂』は全国公開中
オリジナルドラマ「銀魂-ミツバ篇-」は映像配信サービスdTVで全3話配信中