iPhone8の新たな3Dレンダリング画像を、これまでも多くのコンセプトデザインを公開しているマーティン・ハジェク氏が公開しました。現在までに流れている情報をまとめた、クオリティの高い作品となっています。

背面パネルは黒か白のみ?

iPhone8の背面の特徴は、縦に並んだデュアルカメラレンズです。最近、AR性能向上のためにカメラ周辺に3Dレーザーを搭載するのではないか、とも報じられています。
 

 
ハジェク氏のデザインでは、カラーの違いは側面の金属部分のみで、ワイヤレス充電に対応するためガラス製になると予測されている背面パネルのカラーバリエーションは、画面周囲のベゼルと同様、黒か白のみとなっています。
 

 
最近流出した、iPhone8用のワイヤレス充電用のコイルとされる画像から、iPhone8が対応するワイヤレス充電規格は「Qi」ではないかと言われています。

薄型化したベゼル、大型化した電源ボタン

前面は、画面周囲のベゼルが非常に薄くなっているのが印象的です。最近、米メディアForbesがiPhone8のベゼル幅は4mmになると報じています。

 

 
本体右側の電源ボタンは、iPhone7/7 Plusと比べて大型化しています。これは、ディスプレイ内にTouch IDセンサーを埋め込めなかった場合、電源ボタンに埋め込む可能性も検討されていたためと言われています。
 

画面上部には3Dセンサー

ディスプレイ上部は、中央に高精度の顔認証が可能になると予測される3Dセンサーなどが位置し、その左右に電波強度やバッテリー残量表示部が配置されています。
 

 
以前、パーツ画像が流出した3Dセンサーのカバーは黒に塗装されていましたが、ホワイト系モデルよりもブラック系モデルのほうが、3Dセンサー部分と左右のディスプレイが一体化して目立ちにくい印象です。
 

 
このほか、同氏のサイトには他のデザインが掲載されているほか、3Dレンダリングのデータも販売されています。
 

 
 
Source:Martin Hajek
(hato)