デニムのショートパンツ。小物で大人に着こなす

写真拡大

大人になるにつれて、履くことに抵抗を感じてしまうショートパンツ。

スタイルも気になるし、とくにカジュアルなデニム生地だと、子どもっぽくなってしまいそうで着まわしも難しい...。

でも、じつはコーディネートに少しの工夫を取り入れるだけで、デニムのショートパンツだって、大人っぽく着こなせるのです。

子どもっぽくならないデニムショートパンツの着こなしかた

ボーダーのトップスやスニーカー、バッグなど、デニムショートパンツ以外はモノトーンのアイテムを選んだ彼女。

シックになってしまいがちなコーディネートのなかにデニム生地をプラスすることで、上手にバランスをとっています。

また、オフショルダーのトップスで目線を上に持ってくることで、ショートパンツで気になりがちなスタイルをカヴァー。

白シャツにデニムショートパンツと、シンプルにまとめたコーディネート。

ハードなダメージ加工が入ったデニムショートパンツでも、きれいめなアイテムを選べば、エレガントに決まります。

やっぱり体型が気になる...という人も、彼女のようにロング丈のガウンを投入すれば問題解決。腕や脚を華奢に演出してくれます。

また、プレーンなTシャツ × デニムショートパンツで、これ以上ないくらいカジュアルなスタイルなのに、上に一枚羽織るだけで大人っぽい雰囲気に。

彼女は、エスニックテイストの刺繍入りガウンとかごバックで、とことんリゾート風にまとめています。

こちらのシンプルなコーディネートも、ガウンを羽織ることで、カジュアルすぎないスタイルになりました。

風が吹いて、裾が揺れる。その軽やかな動きで、絶妙な女っぽさをかもし出してくれるのもガウンの魅力。

トップスもデニムショートパンツも黒でまとめて、すっきりとシャープなコーディネート。同じデニムでも、色を黒に変えるだけで、印象がガラッと変わります。

黒 × 黒で重たくなりすぎないように、足もとにはガーリーなエスパドリーユ。大人っぽく決めたいけど、かわいさもほしいという彼女の気持ちが伝わってきます。

@jen_wondersがシェアした投稿 -

主張しすぎない細めのボーダートップスを選んだ彼女。ハイウエストなデニムショートパンツにインすることで、カジュアルながらもメリハリのあるコーデが完成しています。

どれをとってもプレーンなアイテムばかりなのに、子どもっぽくなく、むしろ大人の色気を感じるほどです。

トップスや靴など、合わせるアイテム次第で自由自在に表情を変えるデニムショートパンツ。背伸びしないスタイルで、素の自分のまま、この夏を楽しみます。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

アンダーヘア、ワキの黒ずみ...。海に行く準備できてる?

・パリジェンヌは原色で遊ぶ

・「アラサー」に異議あり。実年齢に誇りをもって生きていく #sponsored