羽鳥慎一アナウンサー

写真拡大

 放送日まで1カ月を切っても誰が走るのか発表されずに注目を集めていた、日本テレビ系「24時間テレビ40 愛は地球を救う」(8月26〜27日)のチャリティーマラソンランナーは異例の「当日発表」となった。

 30日に放送された「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)の番組終盤に羽鳥慎一アナウンサー(46)から「今年の24時間テレビマラソンランナーですが…なんと!24時間テレビの当日に発表します!」と異例の報告がなされると、24時間テレビでメーンパーソナリティーを務めるNEWSの小山慶一郎(33)や、「行列」の番組MCで、24時間テレビではスペシャルサポーターを務める東野幸治(49)、宮迫博之(47)、後藤輝基(43)、渡部建(44)らからは「ええっ!?」「パニック、パニック!」と一斉に驚きの声。羽鳥アナが「当日までその本人は知らされません」と言葉をつなぐと、再び「ええっ!!」と声が挙がった。

 羽鳥アナがスタッフからもらったというヒントは「当日、武道館にいる人」で、「ここにいる全員です、私も含め」と羽鳥アナ。メーンパーソナリティーの1人である女優の石原さとみ(30)にも可能性はあるとし「仮に事務所までは話が行っても、ご本人には当日までいかないみたいです」と説明された。

 マラソンランナーが当日発表となった理由については「1つ目は、その方が面白い。もう1つはその理由も当日発表します」と羽鳥アナ。「マスコミの皆さんに1つお願いがあります。誰なんだろうと本気で詮索するのはやめてください。温かく見守っていただきたいと思います」とこれまた異例のお願いも出され、続いて「可能性があるのは当日武道館にいる全員。ヒントは走る理由がある人です」とのナレーションも流れた。