日本テレビ

写真拡大

 お楽しみは当日までお預けに?放送日まで1カ月を切っても誰が走るのか発表されずに注目を集めていた、日本テレビ系「24時間テレビ40 愛は地球を救う」(8月26〜27日)のチャリティーマラソンランナーは、未発表のまま放送当日を迎えるという異例の展開となった。

30日に放送された「行列のできる法律相談所」(日曜後9・00)の番組終盤に羽鳥慎一アナウンサー(46)から「今年の24時間テレビマラソンランナーですが…なんと!24時間テレビの当日に発表します。当日まで本人は知らされません」と発表されると、メインパーソナリティーのNEWSの小山慶一郎(33)、スペシャルサポーターを務めることも発表されている「行列」出演者の東野幸治(49)、宮迫博之(47)、後藤輝基(43)、渡部建(44)らから「ええ〜っ!」「パニック!パニック!」などと一斉に驚きの声が挙がった。

 これまでは本番から約3カ月前の5月中にはマラソンランナーが発表されており、昨年マラソンランナーを務めた落語家の林家たい平について発表があったのは5月29日のこと。だが、今年は7月に入っても発表がなく、今月24日に行われた定例会見では福田博之編成局長が「マラソンはやります!色々考えてますので、色んな番組を通じて発表していきます」とし、大久保好男社長は「今年で40回の節目。担当者を中心にこれまでにない斬(ざん)新な企画で盛り上がるような24時間テレビにしてくれると思う」と話していた。

 この日放送された「行列のできる法律相談所」では番組冒頭から「番組後半で24時間テレビマラソンランナーに関する緊急発表」のクレジットが画面上に。「関する」という3文字の上にそれぞれ「・」を付けて強調して含みを持たせ終盤まで引っ張ったが、前代未聞の「マラソンランナー未発表」で本番を迎えることになった。