[7.30 J2第25節 岐阜2-0群馬 長良川]

 J2リーグは30日、第25節を行い、FC岐阜はホームでザスパクサツ群馬と対戦し、2-0で完封勝利をおさめた。岐阜は連敗を2でストップし、3試合ぶりの白星。最下位群馬は1分8敗と、9試合勝利から遠ざかっている。

 ホームの岐阜がいきなり試合を動かした。前半5分、高い位置で相手のパスを奪ったMF小野悠斗がラストパスを届け、初スタメンとなったFWクリスチャンがエリア内に抜け出し、冷静に右足シュートを流し込んだ。

 0-1で折り返した後半18分に群馬がビッグチャンスを迎え、左サイドからMF高瀬優孝が入れたサイドチェンジのクロスをFW小林竜樹が押し込もうとしたが、GKがファインセーブ。後半20分には岐阜ベンチが動き、クリスチャンを下げて横浜FMから期限付き移籍で加入したMF中島賢星を投入。初出場となった中島は後半24分、高い打点から豪快なヘディングシュートを放ったが、クロスバーを越えた。

 後半26分、岐阜は素早い攻守の切り替えから決定機。センターライン付近でボールを奪ったMF永島悠史が小野につなぎ、小野が右サイドのスペースに展開。ドリブルで持ち上がったFW風間宏矢が鋭い切り返しで相手をかわし、左足シュート。絶好のチャンスだったが、惜しくも左ポストを直撃してしまった。

 すると後半34分、小野が左足で蹴り込んだ右CKをGKがクリアし切れず、そのままゴールに吸い込まれ、追加点。出場停止のMF庄司悦大に代わってアンカーに入った小野は1ゴール1アシストの活躍で2-0の完封勝利に貢献した。試合後のインタビューで“直接CKゴール”について聞かれると「たまたまです。入るとは思っていなかったです」と笑顔で振り返った




★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第25節2日目 スコア速報