まるで北欧!キャンプでサウナを楽しんで汗をかいたら川へ飛び込め!

写真拡大 (全5枚)

アウトドアメーカー「グランデ」から、自然の中でサウナが楽しめるというテント「Studio mini」(16万2000円)が7月26日に発売された。耐熱加工済で、サイズ調整可能な煙突穴がついており、中に薪ストーブの設置が可能なテントなのだ。

熱源となる薪ストーブや電気式のストーブ、あとは水をかけて蒸気を出すためのサウナストーンがあれば、このテントを設営すれば山、川、湖の周辺など、どこでもサウナルームができてしまうのだ。

三角形の屋根により、テント全体に効率よく高温の気流が降りる仕組み。耐熱加工済みなので、溶けたり破れたりする心配もない。それぞれの壁に開閉可能なメッシュパネルが付いているので、壁付近で好みの気温に調整もできる。

しかも、高さ3.5m、直径4.5mという広々とした空間。で、最大10人が同時にサウナを楽しむことができるのだ。それでもテント自体の重さは15kgと持ち運びもカンタン。白を基調としたデザインで、テント内が明るいのもくつろげる。

もちろんサイドのウォールはまくりあげることができるので、涼しい風も入れられる。今年の夏は、一味違った“サウナキャンプ”と洒落込みますか!

>> GRANDE

 

(文/&GP編集部)