キスは男女の関係を急速に縮めてくれたり、エッチな気分にさせるスイッチを入れたりしてくれる大事なもの。

だからこそ、いつも同じようなキスばかりをしていると、男性はだんだんドキドキできなくなってしまうかもしれません。



出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、男をエッチな気分にさせる“キステクニック”を紹介します。

 

■「ギリギリのところ」で一旦止める

すぐにキスをしてしまうよりも、あえてギリギリのところで一旦止めてみると、キスをされるものだと思っていた男性は、かなりドキッとすることでしょう。唇を重ねる寸前で止めるのは、焦らしの効果もありますよ。

お互いの顔はかなり近づいている状態なので、そこでストップすると息づかいを感じられたりもして、興奮度は一気に高まります。すんなりキスをしてしまうよりも、ドキドキ感をたっぷり味わえるはずですよ。

 

■「唇以外」の場所にする

これも焦らしのテクニックのひとつですが、いきなり唇にキスをするのではなく、まずは唇以外の場所からキスをするのです。目や耳、おでこ、首すじなどにやさしくキスをしていくと、エッチな気分も高まるでしょう。

男性の方からキスをしてこようとした場合は、あえて顔を背けて拒んでみたりするのもいいかも。そして、軽く微笑みながら唇以外の場所にキスをし始めたら、その焦らし効果に男性は相当ムラムラしてしまうはずですよ。

 

■キスをしながら「ボディタッチ」をする

キスをしているときは、キスに集中してしまいがちですが、ボディタッチをプラスすると興奮度は倍増しちゃいます。ただ目をつぶって唇を重ね合わせるだけではなく、全身で愛情表現をした方が、男性も喜んでくれますよ。

キスをしながら、男性の背中に手を回したり、腕や肩、髪の毛に触れたりすると、お互いに気持ちがさらに高まっていくものです。男性もボディタッチをしてきてくれたら、そのままエッチに突入したりもしちゃうでしょう。

 

■だんだんと「激しくしていく」

いきなり激しくて情熱的なキスをしてしまうと、男性にはちょっと引かれてしまう可能性もあります。そうなると、エッチな気分になるどころか、なんだか気持ちが萎えてしまうということだってあり得るでしょう。

最初は控えめなキスをしながら、だんだんと激しくなっていく方が、男性も自然に興奮のスイッチを入れやすいです。女性が興奮してきてくれていることを感じると、さらに男性の気分は盛り上がっていくことでしょう。

 

キスは男性を興奮させるために、とても重要な役割を持っています。男性をその気にさせるようなキスができれば、そのままエッチモードに突入しちゃうでしょうし、あなたにメロメロにもなっちゃうことでしょう。

【画像】

※ Y Photo Studio/shutterstock

【関連記事】

※ あぁ、こんなはずじゃ…アラサー女が本気で後悔した「ワンナイトラブ」体験談

※ 刺激的だけど、ちょっと悲しい…アラサー女の「旅先ワンナイトラブ」体験談

※ 下手すぎて…ムリッ!取引先男性とのワンナイトラブ体験談

※ せめてもう一歩近づきたい…!気になる職場の先輩とのLINEテク

※ あぁ、もう一度…!アラサー女の「二度と忘れられない」ワンナイトラブ体験談

※ コスパ重視!? アラサー女子2人が「最近の女子会事情」をぶっちゃけ!(PR)