アラサーから始める本気の恋!結婚に繋がる幸せな恋愛をする方法/photo by GIRLY DROP

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】アラサーになると、どうしても意識してしまうのが結婚。次の彼とは結婚を前提にお付き合いしたいと考えている人も多いはず。職場の同僚や同級生など次々と結婚してしまうとつい不安になってしまいますよね。結婚を意識しすぎるがゆえに恋愛のチャンスも逃がしてしまう人も少なくないと思います。結婚に繋がる恋愛を始めるためには、恋愛の仕方を変えることが大切。今回は、アラサーから始める本気の恋で、結婚に繋がるような幸せな恋愛ができる方法をご紹介します。

【他の記事を見る】男性が愛している女性にだけ無意識にやっちゃう5つのこと

♥自立した大人の人間になる


職場や、飲み会などの出会いのチャンスをものにすべく、相手に結婚したいオーラを出したり、これが最後のチャンスとばかり相手に依存したりしてしまう恋愛はNG。

こういった行動は男性からひかれてしまう可能性大です。

アラサーの女性は、20代なら発言しても許されるような「わからない〜」や「できない〜」などの言葉遣いや、態度にも気をつけましょう。

あからさまにできないアピールは、年齢を問わず男性が嫌うことも。

アラサー女性は、年齢に伴った知性や教養、落ち着いた雰囲気など若い女性には持っていない魅力をアピールするのが一つのポイント。

自分にはそういった魅力が足りないなと思えば、まずは自分自身がしっかりと自立した人間になることが必要です。

まだ親に頼っていることがあれば、自分で全部管理できるように金銭感覚をしっかりとしたり、結婚しても困らないように家事を身に付けたりするとよいでしょう。

アラサーからの大人の恋愛を成就するためには、まずは自分自身が大人である必要があります。

♥視野を広く持つ


アラサーの本気の恋愛を成就する秘訣のひとつに、視野を広く持つということがあげられます。

職場と家の往復で、気がついたらアラサーになってしまったなんて人も少なくないはず。

まずは、今までの自分のルーティンを見直すところから始めませんか?

視野を広く持つと言っても、小さなことから始められます。

今まで気になっていたけどできなかった習い事を始めてみてもよし、週に1回は早く帰れる日を作ってジムなどに通ってみるのもいいでしょう。

今まで知らなかった新しい世界が広がると、それに伴い新しい出会いも増えてきますよ。

億劫がらずに新しいことにチャレンジすることも出会いの確率がUPする秘訣です。

また、お見合いパーティや、街コンなどに出かけてみるのもひとつの方法です。

ポイントは、主催がしっかりしているパーティを選ぶようにしましょう。

くれぐれも軽いノリで近づいてくる男性の誘いには乗らないように気をつけましょうね。

何度かそういう場に参加して、男性をみる目を磨くのもいいでしょう。

視野を広く持つと、今まで視野に入らなかった男性に目がいく可能性もありますよ。

♥理想にばかりとらわれない


アラサーからの本気の恋を成就するためには、付き合う男性の収入、外見、価値観、センスなど全てがマッチする相手を探すのではなく、ポイントを絞って探すと見つけやすいですよ。

例えば、外見にはこだわらないけど収入だけは譲れない、収入や外見ではなく価値観が合う人がいい、または公務員じゃないと嫌など条件をシンプルにすることが大切です。

付き合う男性に求める条件が多いと、条件ばかりが先行し、視野が狭くなり、せっかくいい出会いがあっても見逃すことになりかねません。

男性をみる時のポイントは、ここが悪いからマイナスではなく、こんな良いところがあるんだとプラス思考で見ていくことをおすすめします。

結婚生活では、カップルの時とは違って相手の嫌な面をみることが多々あります。

そんな時、ここは許せるというポイントを抑えて、付き合っている時から掴んでおくと良いでしょう。

自分も付き合う相手にもウイークポイントはあるもの。

少々のことは目をつぶることも大切です。

自分の理想を変えるのではなく、理想を絞ることで今まで出会えなかった男性との出会いが実現するかもしれませんよ。

自分の勘を信じてあまり周りの意見には流されないように気をつけてくださいね。

♥今までの恋愛傾向や視点をかえることが大切


今までの恋愛観にとらわれたままだと、なかなか次のステップに進めませんね。

恋愛が上手くいかない、彼がしばらくできないなどと感じた時には思い切って視点を変えてみることも時には大切です。

たとえ自分のタイプでない人でも、実際に付き合ってみたら意外にいい人だったなんてケースもあります。

いい機会なので、相手に求める条件をもう一度絞ってみませんか?

視野を広く持って、理想にとらわれないで相手を選んでみてくださいね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】