尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏

写真拡大

 “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(70)が30日、自身のブログを更新。この日、全国高校野球選手権西東京大会の決勝で東海大菅生に敗れ、惜しくも夏の甲子園に出場を逃した早実の清宮幸太郎に対し、その悔しい思いに共感しつつ「素朴で実直な風貌も大好き」とつづった。

 尾木ママは、「清宮君残念ですが…」と題してエントリー。「決勝戦 2−6 早稲田実業が東海大学菅生高校に負けましたね よほど悔しいことと思います…」とつづり、「ファンも 高校生ホームランのタイ記録の107号  見たばかり 新記録も見たいと期待大だっただけにガッカリかも知れないですね」と残念がった。

 その上で、「彼の素朴で実直な風貌も大好き」とハートの絵文字を3つ並べて“お気に”であることを告白。「スマートなアスリート 多い中で 何だか懐かしく安心してみること出来ます♪」とその理由を明かしつつ、「もうこの夏の甲子園からみることが出来ないのは寂しく応えますよね… 残念 無念… チームプレー 見事でしたよ」と早実の敗退を名残惜しみつつ、「東海大学もすごい集中力だと思います…」と、勝利した東海大菅生にも一言だけ触れた。