カラフルでかわいい♡ウニの骨を使ったエアプランツ用プランター

写真拡大

肥料や土も必要ないので、手軽に育てられるエアプランツ。

自由自在にアレンジして飾れちゃうのも魅力のひとつ。

ちょっと人とは違うデコレーションをしてみたいですよね。

ウニの骨(殻)を使ったユニークなプランターを見つけました!

ウニの骨プランターがキュート

ニョキニョキと生えたエアプランツが飾られているプランター。

実はこれ、ウニの骨なのです!





ピンクやパープル、グリーンなどのパステルカラーがとってもキュート♡







すべて海で採れた自然のものなので、大きさやカラーも微妙に違うのだとか。

ひっくり返してデコレーションすると、まるでエアプランツがクラゲの足のようです。





米・オレゴン州ポートランドのボタニカルショップ「Pine District Botanicals(パイン・ディストリクト・ボタニカルズ)」が、ウェブページやEtsyで販売しています。

オウムガイの触手のようでユニーク

こちらのプランターは、オウムガイの貝殻を使っています。





オウムガイの触手に見立てられたエアプランツがとってもユニークで、思わず笑顔になっちゃいます☆





吊り下げて飾ると、オウムガイたちが気持ちよさそうに泳いでいるみたい。

便利なマグネット式プランター

冷蔵庫などに貼り付けて飾ることができるマグネット式のミニプランターもあります!

カラフルな巻き貝のシェルが、エアプランツとの相性抜群♪









マグネットを貼り付けられそうな場所だったら、どこでもエアプランツを楽しめちゃいます!





現在、マグネット式プランターは、残念ながらポートランドの店舗での販売のみとなっています。







また、日本への発送に関しては、問い合わせが必要とのこと。

ユニークなウニの骨プランターが気になった方は、ぜひ問い合わせてみては?

Pine District Botanicals

https://pinedistrict.com/

Etsy (PineDistrict)

https://www.etsy.com/jp/shop/PineDistrict?ref=profile_shopicon

インテリア(まとめ)