ネットを通じて理想の異性を見つけられるかもしれない「恋愛マッチングアプリ」。数多くのアプリがある中、自分が使うべきアプリは…? 目的に合ったアプリの選び方を婚活コンサルタント・澤口珠子さんと「桃山商事」代表・清田隆之さんに伺いました。

数多くのアプリの中で、どれを使うかという選択が重要に。

「目的はライトな出会いか、婚活なのかなど、自分がアプリに求めるものを明確にしましょう。アプリによって男性の真剣さやテンションが違います」(清田さん)

「ちなみに、どのアプリに登録しても、デートまでの流れは基本的に同じ。アプリをダウンロードしたのち、フェイスブックのアカウントで登録&ログイン。検索をして好みの男性を見つけたら“いいね”を送ります。相手からも“いいね”が返ってきたらマッチングが成立し、メッセージ交換が可能に。お互いが会いたいと思えばデートに至ります」(澤口さん)

料金は無料の場合も多いが、アプリごとに異なるので確認を。

TYPE1:「とにかく会いたい」

とりあえず男性と出会う数を増やしたいという人や、マッチングアプリを気軽な気持ちで楽しみたい人におすすめ。使い始めるまでのステップやプロフィールの登録が簡単でトライしやすく、会うまでのスピード感もウリ。ただ、登録している男性の恋愛に対する真剣度は低い傾向が。

TYPE1の人はこのアプリをチョイス!

・Tinderプロフィールを判断基準に、直感で「あり(LIKE)」か「なし(NOPE)」かを仕分ける。“3km”など相手との距離が表示され、即会える人を探すのにも便利。

・タップル誕生共通の趣味を持つ相手とマッチできる。自分が興味のあるカテゴリーを選ぶと、同じ趣味を持った異性のプロフィールが表示され、アプローチすることができる。

TYPE2:「真面目に恋人探し」

カジュアルすぎず、結婚相手としても意識できる彼氏が欲しい人向け。年齢や身長、体型、職業、年収、趣味等、細かく絞り込んで検索をすることができ、会う前に相手のパーソナリティが見えやすい。男性は有料の場合がほとんどで、真面目に恋活をしている人に出会える確率が高い。

TYPE2の人はこのアプリをチョイス!

・Pairs会員数は延べ570万人、4000 万組のマッチングが成立している実績があり、結婚の報告も多い。同じ趣味や価値観を持つ人を探せるコミュニティ機能が人気。

・Omiai徹底した年齢確認や、不倫目的の既婚者を通報できるなど、安心して利用できる仕組みが充実しており、本気の恋を探すのにぴったり。30代以上の女性は有料。

TYPE3:「結婚を前提に」

恋ではなく、結婚を前提とした本気の出会いを求める人はこちら。男女ともに有料のものが多く、その分、真剣度はアップ。プロフィールで相手の結婚観を知れるものがほとんど。恋活を目的にしたマッチングアプリに比べ、メインユーザーの年齢層が30代以上と、少し高いのも特徴。

TYPE3の人はこのアプリをチェック!

・youbride累計会員数130万人と多く、これまでに2500組の成婚カップルが誕生! “条件”と“価値観”の2 パターンで相手を検索でき、効率よく出会うことができる。

・excite婚活今年の6月だけで、3500組以上のカップルが成立。毎日の出来事や趣味などを書いた日記を投稿して、アピールできる機能が人気。定額制なところも安心。

澤口珠子さん 婚活コンサルタント。自身もマッチングアプリで出会った男性と結婚。そのノウハウを教える著書『はじめての「ネット婚活」』(幻冬舎)が発売中。

清田隆之さん 恋バナ収集ユニット「桃山商事」代表として、数多くの女性の悩みを聞いている。著書に『二軍男子が恋バナはじめました。』(原書房)など。

※『anan』2017年8月2日号より。写真・中島慶子 イラスト・沼田光太郎 取材、文・重信 綾

(by anan編集部)