仙台DF石川直樹が6年半ぶり札幌復帰、完全移籍発表「全力で闘います」

写真拡大

 北海道コンサドーレ札幌は30日、ベガルタ仙台からDF石川直樹を完全移籍で獲得したと発表した。6年半ぶりの復帰となる。

 石川は柏の下部組織出身で2004年にトップチームに昇格。09年から2シーズンで札幌に在籍。その後新潟への移籍を経て、13年から仙台でプレー。今季もリーグ戦10試合に出場していた。J1通算223試合10得点、J2通算66試合3得点。

 31歳DFはクラブを通じ「6年半ぶりに札幌に戻れることに感謝したい。これまでに培ってきた経験を結果で示せるように全力で闘います。熱いプレーでみんなを揺らします!」とコメント。

 また仙台を通じては「素晴らしいチームメイト、スタッフ、熱いサポーターに囲まれた幸せな4年半でした」と感謝を語った。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ