「ときめく片づけ」でおなじみのこんまりさんこと近藤麻理恵さんが、ESSE読者のお悩みに答えます。今回のお題は、収納アイテム。上手に使いこなせば便利ですが、使いこなせなければ、ものが増えた分かえって散らかることに…。こんまりさんがアドバイスしてくれました。

近藤麻理恵さん

収納アイテムはいろんな種類がありますがどう選ぶのがよい?

【質問】

こまごまとしたものの整理用に、100円ショップで使いやすそうな収納アイテムを購入しようと思ったのですが、あまりに種類が多くて迷ってしまいました。似たようなものも多くて目移りしてしまいます。片づけ初心者の私でも失敗しない、アイテム選びのポイントなどありましたら知りたいです。(神奈川県・32歳)

【返答】

片づけに興味をもっていただけてうれしいですね。収納アイテムを選ぶ基準は、まず見た目。木でできたものがいいのか、籐製なのか、プラスチック製なのか、とにかく見た目、つまり素材や色に、ときめくものを選んで。そうでないと使っていて楽しくないからです。形はシンプルな箱形がおすすめ。


もし家にお菓子のあき箱などがあれば、まず引き出しの仕切りなどに活用して、使い方のシミュレーションをするといいですよ。こういう大きさのものが使いやすいな、とサイズ感をつかんだうえで、自分の好きな素材や色、デザインのものを探すと失敗が少ないはずです。試してみてくださいね。

【近藤麻理恵さん】
片づけコンサルタント。著書『人生がときめく片づけの魔法
』(サンマーク出版刊)が42か国で刊行が決定し、米『TIME』誌で「世界でもっとも影響力のある100人」に選出される。夫、娘2人とアメリカに在住

<撮影/山田耕司 イラスト/鬼頭祈 取材・文/ESSE編集部>