「泥棒野郎、泥棒様」アン・ギルガン、チ・ヒョヌを救うため自ら捕まる

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
アン・ギルガンがチ・ヒョヌを救うためにキム・ジュンウォンに自ら捕まった。

韓国で29日に放送されたMBC週末ドラマ「泥棒野郎、泥棒様」では、地図を盗むために潜入し、向き合ったチャン・ドルモク(チ・ヒョヌ)、ハン・ジュニ(キム・ジフン)、チャン・パンス(アン・ギルガン) の姿が描かれた。

この日、ホン・イルグォン(チャン・グヮン) の家にJの仮面をかぶって侵入したチャン・パンスとクォン・ジョンヒ(イ・ジョンウン) は、本当のJであるチャン・ドルモクと対面した。彼らは、互いの正体を知らないまま、揉み合いをしながら、やがてお互いが家族であることを知って驚いた。

チャン・パンスとチャン・ドルモクはお互いに「なぜここにいる?」と尋ねた。その時、ハン・ジュニが登場した。ハン・ジュニは3人に「早くここから出なければならない。検察がきている。早く逃げて」と叫んだ。

彼らは、検察が押し寄せて来ることが分かった。チャン・パンスは、揉み合いをした後に倒れたクォン・ジョンヒを支え、チャン・パンスとチャン・ドルモク、ハン・ジュニに地図を任せて「先に行け」とエレベーターに乗らなかった。

チャン・パンスはチェ・ガンギュ(キム・ジュンウォン) の前に現れ、チェ・ガンギュはチャン・パンスを電気衝撃機で捕まえた。彼を助けに行こうとしたが、ハン・ジュニは「私が何とかして検察から状況を調べてみる」と、チャン・ドルモクを家に帰した。