自分が死んだら棺に何を入れたいか。何が相応しいか。

写真拡大

葬儀の際、納棺時には故人にちなむ物を入れることがある。何を入れるかは人によって様々だが、不燃物は納棺不可となっている場合もあるので、注意が必要だ。では、宗派や地域によって納棺時に入れることができるものは違いがあるのだろうか。「教えて!goo」では「納棺の時に入れていいものは?」と題して、小銭は納棺しても大丈夫かどうか質問が寄せられている。

■小銭のような不燃物は納棺しても大丈夫?
質問者の宗派は浄土真宗のようだ。納棺時には、小銭を入れても大丈夫かどうか質問している。

「宗教の教えではありませんが、今の日本では『火葬する』事が義務です。燃え残りが出ても困りますし、通貨を故意に破壊したりすると罪になります」(noname#131426さん)

「うちも浄土真宗ですが、よくお棺に五円玉や五十円玉を六枚いれていましたよ。これは土地の習慣だったのかもしれないですが、それでご坊さんからとがめられた事もなければ、特に問題とも聞いた事もありませんが。火葬場などの施設の制限でしょうか?」(chaffさん)

「何故、小銭を入れるのかというと、地獄の沙汰もカネ次第という考えがあるからですね。でも、浄土真宗では、死んだら阿弥陀様がまっすぐにご浄土へと導いてくれるという教えですから、死者があの世で迷ったり。困ったりすることなどはあり得ないのです。ただ、お金を入れる習慣が残っている地方もあり、とやかくは言わないようですね。…(中略)ですが、お酒や食品を入れてしまうのは、悲しみのあまり教義を信じ切れない人間の弱さですね」(kappa1zokuさん)

宗派の決まりは特にないが、貨幣を破壊すれば罪に問われるという回答があった。他には、三途の川の渡し賃六文銭に因み、小銭を六枚入れる場合があるとの回答もあった。宗教上の教えはともかく、風習や残された遺族の感情から納棺時にお酒等を入れてしまうのは、仕方ないとの回答もあった。

■納棺時に何を入れるかは、残された人次第

では、ここからは葬儀にまつわる様々な問題に詳しい心に残る家族葬を運営する葬儀アドバイザーにお話しを伺ってみた。納棺時に何を入れたいか、何を入れたら相応しいかだ。

「先日、お棺にお花を供える要領で、その周囲に、紙コップに入ったお酒を並べました。遺族のご意向で、その方が生前お酒好きだったからです。これまでにたくさんのご家族の葬儀のお手伝いをさせていただきましたが、副葬品に故人にちなんだものを希望される方々は決して少なくありません」

残された人が故人をしのぶため、納棺時に故人にちなむものを入れる。それは、故人との思い出を象徴するものが多いという指摘は、改めて聞いてみると非常に納得できる。

「私が葬儀を担当し、実際に拝見した例ですが、長年社交ダンスを続けていた年配の女性が、社交ダンスに使用した思い入れのある真っ赤な衣装を着せてもらい、棺に収められました。艶やかな死に化粧が映えて、とても美しかった覚えがあります。またある方は、非常に信心深い方でしたので、本人の知人の書道家に写経を依頼し、大きな和紙に金文字で般若心経を書いてもらったそうです。書道家は突然依頼されたとのことで、大慌てでお葬式の前日寝ずにそれを仕上げたそうです。この般若心経は大きな上質の和紙に書かれていて、それは見事でした。可燃や不燃、また各自治体・火葬場のルールに違反しなければ、基本的に副葬品を何にするかという希望は通るものだと思っていただいて良いと思います」

様々な例を見る限り、納棺時に入れる物は常識の範囲内ならば何でも大丈夫なようだ。葬儀アドバイザーの話しは続く。

「私には俳句をたしなむ知人がいます。知人曰く自分が死んだら自分の句集を納棺して欲しいと言っています。理由を聞くと、知人が好きな江戸時代の歌人、太田垣蓮月という方が亡くなった際の故事や辞世の句にちなんでいるとのことでした。知人は自分も太田垣蓮月のようにしたいと言っています。知人はまだまだ元気ですが、その時を迎えましたら、本人の希望を実現してあげようと考えています」

いくつかルールはあるようだが、故人の生前の希望を実現できるのならば、あくまでも常識の範囲内でだが、納棺時には何をいれても大丈夫なようだ。また、故人が希望していなくても、残された人たちが故人にちなむ物を納棺してもいい。故人が安らかに旅立てるように、残された者も安心して故人を送れるように、納棺時には故人にちなむ物を入れれば心に残る葬儀になるのだろう。

専門家プロフィール:心に残る家族葬 葬儀アドバイザー

故人の家族と生前に親しかった方だけで行う家族葬こそが、故人との最後の時間を大切に過ごしたいという方に向いていると考え、従来の葬儀とは一線を画した、追加費用のかからない格安な家族葬を全国で執り行っている。

ライター 与太郎

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)