JYJ ジェジュン、入隊時の悩みを告白「兵役中に忘れられないかと…それがずっと怖かった」

写真拡大 (全3枚)

俳優としても活動しているJYJのジェジュンが、除隊後にKBS 2TVドラマ 「マンホール」でカムバックする。

ジェジュンはマガジン「@star1」2017年8月号でグラビアとインタビューを行った。

インタビューでジェジュンは「入隊時、忘れられるという悩みはありませんでしたか」という質問に「忘れられるのではないかという悩みが一番大きかったです。だからもっと仕事を続けていたかった。でも兵役は義務、空白期が怖かったのは仕方のないことでした」と正直な心境を打ち明けた。

また「短いヘアスタイルはとてもカッコ良かったという反応が多かったですね」という問いに「入隊する前に、ヘアスタイルのおかげでハンサムに見えると耳にしました。でも誤解してはいけません、僕は短いヘアスタイルでもかっこいい男なんです」とウィットに溢れる返答をした。

「いつの間にかデビューして14年が経ちましたが、実感がないんです。時々、十数年前の記憶がぼんやりとすることがある。だから毎回新鮮だし、今も不思議な気がします」と過去を振り返った。最後にジェジュンは、現在撮影中のKBS 2TV「マンホール」について「笑いながら気軽に観られて、明るく若い感じのドラマなので楽しみにしてほしい」と挨拶を伝えた。