知英からキム・ミンジェまで、人気スターらが「○○ファン」を告白!…エピソードに関心集中

写真拡大

スターも誰かのファンだった。スターたちの堂々とした「ファン心告白」が大衆の関心を集中させた。

最近韓国で放送されたKBS 2TV「ハッピートゥゲザー3」では、俳優キム・ミンジェがドラマ「鬼」で共演したコン・ユへのファン心を示した。最近行われた収録でキム・ミンジェは「撮影当時、コン・ユ先輩を殺す演技をしなければならなかった。コン・ユ先輩に嫉妬し、怒らなければならないのに、(先輩が) ハンサムすぎてぼーっとなった。先輩は男から見てもハンサムだった」とファン心を告白した。

これに先立ってKARA出身の知英(ジヨン) は、かつてKBS 2TV「芸能街中継」に出演した当時、「以前からコン・ユさんのファンだった」と告白しながら「コン・ユ兄さん、熱心に演技を勉強するから…」と映像メッセージまで送る情熱を見せた。

すでに数多くのスターたちがファンを自称した歌手ソ・テジも誰かのファンだった。2014年9thフルアルバム「Quiet Night」を発表し、JTBC「ニュースルーム」に出演した彼はソン・ソッキアナウンサーとのインタビュー後半、「実際にソン・ソッキさんのファンだ。以前からとても好きだった。実際にJTBCニュースを見ながら希望を得た。徹夜で話をしたい」と恥ずかしがりながら告白した。

“ユヌニム(ユ・ジェソク+ハヌニム:神様)”と呼ばれるユ・ジェソクも、数多くの芸能人が彼のファンだと明かしている。ユ・ジェソクの古いファンであることを明かした俳優コ・ギョンピョは「ユ・ジェソクさんに初めて会った時泣いた。何かを出迎えた感じだった。どうして泣いたか分からなかったけど、会った時に涙が出た」と言い、笑いを誘った。

また作詞家キム・イナも「ハッピートゥゲザー」出演当時、「恥ずかしくてユ・ジェソクさんに声をかけることができず、後ろで密かに写真を撮った。親しくなった今も一緒に写真撮りましょうとは言えない」と告白し、笑いを誘ったりもした。