米ホワイトハウスで共和党の上院議員らとオバマケア代替法案について話すトランプ大統領(2017年7月19日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米上院で医療保険制度改革法(通称オバマケア、Obamacare)の一部廃止法案が否決されたことを受け、ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は29日、共和党議員らを激しく非難した。

 共和党で反対票を投じたのはスーザン・コリンズ(Susan Collins)、リサ・マカウスキ(Lisa Murkowski)の2女性議員とジョン・マケイン(John McCain)議員の計3人。

 トランプ氏はツイッター(Twitter)に「共和党の上院議員らが完全な腰抜けでない限り、廃止&代替(法案)はまだ死んでいない!他のどの法案よりも先に再採決を要求する!」と投稿した。

 その数時間前には「新しい医療保険法案を早く承認しないと、保険会社へのベイルアウト(訳注:資金投入などによる救済)、議員へのベイルアウトはすぐに終わってしまうぞ!」と議員らを脅すような書き込みもしていた。

 一方で事態打開に向けた動きも出ている。上院共和党のリンゼー・グラム(Lindsey Graham)、ビル・カシディ(Bill Cassidy)、ディーン・ヘラー(Dean Heller)の3議員は28日トランプ氏と会い、現在連邦政府がオバマケアに使っている予算を定額交付金として州政府に与え、関連業務を州政府に移管する案について話し合った。
【翻訳編集】AFPBB News