太田光(爆笑問題)

写真拡大

29日放送の「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)で、爆笑問題・太田光が、妻・太田光代氏をイジるネタをカットするよう懇願した。

番組終盤では、お見送り芸人しんいちが「謝罪」というタイトルで、歌ネタをギター演奏した。しんいちは、これまでの放送で明石家さんまの娘・IMALUは「ナシ」と言ったり、久代萌美アナウンサーを傷つけたり、劇団ひとりの妻・大沢あかねを悪く言ったりしたことなどを歌ネタで謝罪。最後に「僕が心からナシな人は〜太田の嫁〜!」と絶叫してオチをつけると、スタジオに笑いが起きる。

しかし太田だけはひとり、うつむいてから「ちょっと待って。本当に、ここは使わないでください。怒られますから。わかるでしょ、さんまさん」と弱りながら訴えたのだ。さんまは崩れ落ちながら「わかるけど、若手が一生懸命…」と抵抗すると、太田は遮るように「この番組、出続けたいんですよ。知ってますよね!? これ、また出れなくなりますから!」と所属事務所社長でもある光代氏の怒りを恐れ、懇願する。

ここで、さんまは「今日はカット!」というと、しんいちは「え〜、ウソ〜!?」と落胆の表情に。太田は「本当に申し訳ないんですけど」と、しんいちに声を掛けていたが、結局全て放送されていた。

【関連記事】
爆笑問題・太田光 ビートたけしと立川談志さんが酷評していた芸人を暴露
尼神インター・渚が太田光の絡み方に恨み節「私のところほぼカット」
明石家さんまが30代で味わった苦難を告白「いろんなことがあんねん」