学生の窓口編集部

写真拡大

ついに夏休みがやってきました! 約2ヶ月のまとまった休みということもあり、友達と出掛ける計画を立てている学生さんも多いのではないでしょうか。全国にあるテーマパークも、この時期ならではのイベントに趣向を凝らしています。そこで、イマドキの大学生が、この夏行ってみたいと思っているテーマパークを聞いてみました。

■この夏に行ってみたいテーマパークはどこですか?

1位 東京ディズニーシー/千葉県  54人(20.5%)
2位 ユニバーサルスタジオジャパン/大阪府  41人(15.5%)
3位 東京ディズニーランド/千葉県  34人(12.9%)
4位 富士急ハイランド/山梨県  18人(6.8%)
4位 ハウステンボス/長崎県  18人(6.8%)

■「ディズニー」も、夏に行くなら「シー」!

・水があって夏にぴったり(女性/19歳/大学1年生)
・パイレーツ・オブ・カリビアンのショーが見たい(男性/26歳/大学院生)

「海にまつわる物語、伝説からインスピレーションを得た」というディズニーシーは、玄関口がいきなり港町! まさに水のテーマパークと言えるでしょう。やはり水を楽しむなら夏! ということで、ディズニーシーが1位となりました。

回答にもあった「パイレーツ・オブ・カリビアン」のショーとは、メディテレーニアンハーバーで行われるショー『パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!"』で、7月11日から8月31日まで開催されています。5月12日には新アトラクション「ニモ&フレンズ・シーライダー」もオープンし、注目されています。

■ユニバの夏はずぶ濡れ! 「ユニバーサルスタジオジャパン」

・クルーのノリがよくて楽しい(女性/20歳/大学3年生)
・ミニオンのイベントに行きたい(男性/20歳/大学3年生)

さまざまな映画やアニメとのコラボがいつも目新しい「ユニバーサルスタジオジャパン」は、夏の間、ふんだんに水を浴び、涼しくなること間違いなしの『ユニバーサル・サマー・フェスティバル』が開催されています。現在公開中の映画『怪盗グルーのミニオン大脱走』で人気のミニオンたちがテーマになっていて、水だけでなく、なんと雪を降らせる演出もあるとか! クルーのみなさんがノリノリなら、恥ずかしさも忘れてはしゃげそうです。

■やっぱり行きたい「ディズニーランド」!

・やはりディズニーランドは何度行っても楽しい(男性/19歳/大学2年生)
・一度も行ったことがないから今年こそは(男性/20歳/大学3年生)

多くのリピーターがいる一方、実は未だ行ったことのない人も少なくないのが「ディズニーランド」。長期休みを利用すれば、朝から晩までゆっくり楽しめますね。ディズニーランドも、季節に合わせたイベントを開催しています。夏の間のショーは、ディズニーの仲間たちが和楽器でお祭りムードを盛り上げ、「水ぬれ注意」のアナウンスがあるほど水しぶきを浴びて楽しめます。

■いろいろな意味で涼しくなれる! 「富士急ハイランド」

・絶叫系アトラクションに乗って暑さを吹き飛ばしたいから(女性/21歳/短大・専門学校生)
・日本一絶叫マシンが充実しているテーマパークということで興味があるから(男性/20歳/大学2年生)

富士急ハイランドといえば、「FUJIYAMA」や「ええじゃないか」など、絶叫マシンが名物です。多くのギネス記録も生み出してきたテーマパークは、世界最速の加速力を誇るジェットコースター「ドドンパ」をリニューアルし、「ド・ドドンパ」の運営を開始しました。自らの保有するギネス記録を塗り替えるなんて、いったいどこまで世界一を追求するのでしょうか……。スタートからわずか1.8秒で到達する時速180kmを体感すれば、風と肝との両方で涼を感じられることでしょう。

■大人な楽しみ方も!「ハウステンボス」

・プールの宣伝を見て凄いと思ったから(男性/20歳/短大・専門学校生)
・水上アスレチックがしたいから(女性/20歳/大学3年生)

富士急ハイランドと同率だったのが「ハウステンボス」。最近テレビなどメディアでよく見かけるといった声も多く、興味を持つ学生もいるようです。そんなハウステンボスにあるのが、日本最大級の広さを誇る海上アスレチック「海上ウォーターパーク」。ライフジャケットを着用すれば、大人も子どもも安全に楽しめます。また、プールエリアは夜も開いていて、夜ならではの光の演出は、写真を撮るのにピッタリです。8月の毎週金曜・土曜の夜は、大人のラウンジプールで、お酒を飲みながら楽しむ「DJ泡パーティ」も開催されます。誰が行っても楽しめる企画ばかりですね。

■番外編 「スペースワールド」

・今年で閉園になってしまうから(男性/22歳/大学2年生)

福岡県北九州市にあるテーマパーク「スペースワールド」。「スペワ」の愛称で親しまれていましたが、2017年末での閉園が決まっています。「成人式で行った」「遠足で行った」など、節目、節目の思い出がある人も少なくない様子。「ザ・ファイナル・サマー」と銘打って、水かけ祭りで有名なタイ国政府の観光庁公認で『バリかけMAX』ハイパーバージョンが開催されています。ずぶ濡れ必至のイベントは、最後の夏を存分に満喫できそうです。

非日常体験と思い出作りが楽しめるテーマパーク。まだどこにも出かけていない人や、予定が決まっていない人も、ランキングを参考に行ってみてはいかがでしょうか?

文 長谷川鴨子

マイナビ学生の窓口調べ 
調査時期:2017年7月
調査人数:大学生男女264人