小鯛、自身初のトップ10フィニッシュにも満足感なし!?(撮影:鈴木祥)

写真拡大

<ダンロップ・スリクソン福島オープン最終日◇30日◇グランディ那須白河ゴルフクラブ(6,961ヤード・パー72)>

2番からいきなり4連続バーディを奪うなど、8バーディ・1ボギーの猛チャージを見せた小鯛竜也。通算16アンダーにまでスコアを伸ばし、自身初のトップテン入りとなる6位タイでフィニッシュした。
女子ツアーの結末は?最終日の模様は、ライブフォトでチェック
「今日はスタート前から攻めるゴルフをしようと決めていました。インコースに入ってから数ホールはバーディを取れませんでしたが、上がり4ホールで3バーディを取れたのはよかったと思います」と小鯛。この日はパー5すべてで2オンを狙っていくなど果敢に攻めつつも、しっかりとコースマネジメントをすることも忘れなかった。それがビッグスコアにつながったが、けっして満足していない。「いいゴルフをした結果だとは思いますが、やり切ったという感じはありません」と、さらなる上位を目指す気持ちは強い。
実質今年がレギュラーツアー参戦1年目だが、最近になってようやくツアーの雰囲気にも慣れ、勝手が分かってきた。ツアー後半戦の出場を決めるリランキングでも5位にいるだけに、終盤まで出場できる可能性は高い。今大会の結果を自信にして、次は今回達成できなかったトップ5入りを目指す。
文/山西英希
<ゴルフ情報ALBA.Net>

宮本勝昌、人生最後の優勝!?をコースレコードタイで飾る
宮本勝昌が混戦を制しツアー通算11勝目!大会記録“63”で逆転
【どこよりも早いスイング解説】“イケメンフェーダー”小鯛竜也は素振りでスイングを作る
石川遼が語る コーチの必要性とネットでの批判的なコメントについて
人気バクハツ!セクシークイーンの悩殺ミニスカは「写真館」で