愛犬が留守番中にケージを脱走してしまうときの危険と対処法

我が家では生後6か月、お迎えして2ヶ月になるアメリカンコッカースパニエルを飼っています。

お迎えをしたときに買ったケージは、ペットショップのスターターセットに組み込まれていたケージでした。

本来は購入の時点で気を付けておくべきポイントだったのですが、スターターセットに組み込まれていたケージには屋根がついていなかったのです。

お迎えをした頃は特に問題がなかったのですが、ある日突然ケージをよじ登って脱走する方法を見つけてしまいました。

一度覚えてしまうとひたすら繰り返してしまう賢いアメリカンコッカースパニエルにとって、留守番中のケージの脱走は楽しくてしょうがい遊びになってしまったのです。

案の定、私たちが仕事で家を開けてしまう昼間に愛犬はケージを脱走してしまいました。

部屋の扉などは閉めて仕事にいくため部屋から出てしまうことはなかったのですが、念のために裏返しにおいておいたティッシュやリモコンが散乱していました。

この時は部屋の中に置いてある物さえ片づけてしまえば問題ないと思っていたのですが、私たちはケージを脱走する時の起こる本当の危険を理解していなかったのです。

飼い主を追いかけたい一心で脱走

私が実際に脱走する瞬間を目にしたのは、お風呂に入ろうとした時でした。

お風呂に入る時は基本的に部屋で愛犬のみになってしまうためケージに入れているのですが、いつも通りケージに入れて部屋を出ようとした時に事件は起こったのです。

愛犬がケージをよじ登り、落ちるように脱走していました。

簡単に考えればすぐにわかるようなことだったのですが、愛犬は脱走する度に体を床に打ち付けるように落ちていたのです。

この時初めて脱走する時の危険を感じました。

犬にとってケージの高さからの落下は関節を痛める原因にもなりますし、骨を折ってしまう危険性もあります。

飼い主として浅はかな考えだったと思い知られました。

100均のネットで屋根を作成

愛犬の危険を感じた私は、すぐに屋根付きのケージを準備することができなかったため100円均一のネットで簡易的な屋根を作成しました。

ネット4枚、連結ジョイント1セット、結束バンドを購入して10分程度で作りあげることができました。

たった500円程度のお金と10分の時間で、愛犬の危険を防ぐことができたのです。

脱走をした瞬間からこの対処をしておくべきだったと後悔しました。

そのためにも大事な愛犬を守るため、問題行動は早くから対処をすることが大事だと声を大にして多くの人に知ってもらいたいのです。

まとめ

愛犬の問題行動は人間と快適に暮らしていくために直していかなければいけないと言われていますが、今回のケースのように問題行動の本質に気が付くまでに時間がかかってしまうこともあります。

しかし愛犬の命を守るためにも、何か問題があった時は早くから対処することが重要なのです。

自分たちの生活に支障はないからと安易に考えるのではなく、問題行動によって考えうる事故などを想定し、愛犬が同じ問題行動をしてしまわないように対処するようにしましょう。