2PM テギョン「30代が怖い?今からときめいている」

写真拡大 (全2枚)

雑誌「GQ Korea」が2PMのテギョンとグラビア撮影&インタビューを行った。

「GQ Korea」とのグラビア撮影で、真夏の熱い男を表現した彼は、2PMで活動したことで得た“野獣アイドル”という別称に相応しく、果物をワイルドに食べる姿で、今でも変わらない野生的な魅力を披露した。スタジオでは、彼が食べた果物の香りが長く漂ったとのことだ。

モノクロの写真では力を抜き、リラックスしていながらも官能的な姿を演出し、活動10年目のアイドルの余裕と成熟した魅力を見せつけた。

テギョンは「GQ Korea」とのインタビューでデビュー後、情熱的に過ごした20代を振り返りながら「20代の時だけ表現できる若さと情熱を思いっきり表現した。出来ることはすべてやってみた。本当に良い20代だった」と満足を表現すると共に、始まったばかりの30代について「怖いというよりは、ときめいている。すべて自分自身で決めるときが来たから」と明かした。

また、彼は普段のライフスタイルについて話しながら「地に足をつけているように、元々自分のアイデンティティを守ろうと努力している。僕は僕が考えるに当然なこと、やりたいことをやる。学校に通うときは一生懸命に学校に行き、旅行をするときは歴史について知りたくて、他の旅行客と一緒にツアーを回った。そのため仕事も楽しくできる」とし、「平凡で大切なものの価値を守りたい」という人生の価値観に対する本音を打ち明けた。

テギョンの人間的な一面が伺えるインタビューとグラビアは、「GQ Korea」8月号を通して確認することが出来る。