石田ひかり

写真拡大

30日放送の「ウチくる!?」(フジテレビ系)で、女優・石田ひかりが、木村拓哉の「あすなろ抱き」に対する本音を明かした。

番組には、鈴木杏樹と石田が登場し、1993年に共演した月9ドラマ「あすなろ白書」(同)についてトークした。同ドラマは石田が主演で、鈴木のほかに木村、筒井道隆、西島秀俊らが出演し、最高視聴率は31.9%を記録した。

ストーリーは、大学を舞台にした恋愛もので、石田演じる園田なるみが筒井演じる掛居保に思いを寄せていた。そんな園田に、思いを寄せる取手治を演じたのが木村だった。

現在でも語り継がれているのが、木村が石田を後ろから抱きしめ、「俺じゃダメか?」と告白する通称「あすなろ抱き」のシーン。MCの中川翔子は、ドラマ放送時は子どもでリアルタイムでは見ていなかったが、それでも「あすなろ抱き」は知っているとか。

そこで中川は「あんなんされたら、好きになっちゃいませんか?」と興奮気味に尋ねる。だが石田は「いや…大丈夫でしたけど」と笑いながら答えた後、すぐに「危なかったですよ、でも!」「ドキドキしました」と訂正し、笑いを誘っていた。

【関連記事】
木村拓哉が映画「HERO」リハーサルで見せた姿に共演俳優が感涙
松本人志 木村拓哉が起こした事故の原因を推測「写真誌を気にしてたと思う」
木村拓哉 カンヌ国際映画祭で出川哲朗と遭遇した舞台裏を明かす