低い時給に枕営業も!?「バレエダンサーの闇」に迫る映画3選

写真拡大

 こんにちは、映画で美活する映画美容ライターの此花さくやです。

 見応えのあるバレエ映画が今年は豊作。現在公開中のジョニデ娘主演作『ザ・ダンサー』やドキュメンタリー作品『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』に続き、10月28日には『ポリーナ、私を踊る』が公開されます。そして、筆者が最近ハマったのがAmazonプライム・ビデオにて独占配信中の『フレッシュ・アンド・ボーン』。

 どの作品も、少女漫画風の可愛らしいスポ根モノではなく、かなりダークなストーリーなんです。それでは、これらの作品に描かれている“バレエダンサーの闇”を探ってみましょう!

◆バレエダンサーになるには1,000万円以上かかる!?

 バレエにお金がかかるというのは通説。ボリショイ・バレエ団を目指す若いダンサー、ポリーナの成長を描く『ポリーナ、私を踊る』では、母親が「お金がかかるからポリーナはプリマになれないわ」とボヤくシーンがあります。

 また、19歳にしてロイヤル・バレエ団の史上最年少男性プリンシパルとなったセルゲイ・ポルーニンの素顔に迫ったドキュメンタリー『ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣』では、セルゲイのバレエ代を捻出するために父親と祖母が外国へ出稼ぎに行く様子が。

 では、プロのバレエダンサーになるには一体いくらかかるのでしょうか?

 タイム誌のweb版によると、アメリカでは3歳からバレエを始めて18歳になるまでの間、バレエスクール、サマープログラム、トゥシューズ、タイツ&レオタードのコストはあわせて約1,125万円(1ドル=112円換算)かかるのだとか。
 しかし、これにはバレエスクールやコンクールへの交通費が含まれていません。世界を目指すなら県外や海外のコンクールに出場するでしょう。もちろん、住む地域や国によってコストは違いますが、プロになるまでに莫大な金額がかかるのは間違いなさそう……。

 では、プロになったバレエダンサーは必ず稼げるのでしょうか?

◆劇場の受付よりも時給が低い!?

 英テレグラフ紙のweb版「ザ・テレグラフ」によると、2014年にロイヤル・バレエ団の本拠地であるロイヤル・オペラ・ハウスがフリーランスダンサーのリハーサルに支払った時給は、約1,346円(1ポンド=147円換算)。

 一方、同劇場の切符売り場の受付の時給は約1,575円。諸説がありますが、平均的な群舞ダンサーの年収は約169万円〜296万円だといわれています(1ドル=112円換算)。
 もちろん、大金持ちになったバレエダンサーもいます。ソ連が生んだ天才バレエダンサーのミハイル・バリシニコフは資産が50億円を超えるといわれていますが、振付家、芸術監督からハリウッド俳優まで幅広く活動したからこそ。

 また、ボリショイ・バレエ団のプリマを20年以上、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)を16年務めたニーナ・アナニアシヴィリは1つの公演につき約338万円を支払われていたのだとか。

 プリンシパルとしてトップに上り詰め長年活躍し続ければ、大変なお金持ちになれるようですが、スタートアップの時点では一般のサラリーマン未満のお給料のようですね。本当に厳しい世界!

◆ダンサーによる枕営業の噂も

 さらに驚くのは、海外ドラマ『フレッシュ・アンド・ボーン』ではプリマ(プリンシパル)が枕営業をほのめかされるシーンがあるんです!

 本作は架空のバレエ団を舞台にしているのでこのエピソードはあくまでフィクション。しかし、数年前にはこんなニュースが。

 2013年、ボリショイ・バレエ団の元ソリスト(プリンシパルの次に順ずる、準主役級)のアナスタシア・ボロチコワが、群舞やソリストたちがスポンサーとセックスすることを強要されていたと暴露しました。