「刀使ノ巫女」キービジュアル (C)伍箇伝計画/刀使ノ巫女製作委員会

写真拡大

 オリジナルアニメーション「刀使ノ巫女(とじのみこ)」のキービジュアルが完成した。メインキャラクター・衛藤可奈美をはじめとする6人の少女たちが御刀を携えた、凛々しい姿が描かれている。

 「刀使ノ巫女」は、「ゼロから始める魔法の書」「艦隊これくしょん -艦これ-」で知られる、しずまよしのりがキャラクター原案を務めるアニメ。古来より人の世を脅かしてきた異形の存在・荒魂を、神性を帯びた稀少金属・珠鋼を精錬して作り出された日本刀「御刀」によって祓(はら)う神薙ぎの巫女・刀使(とじ)の少女たちの活躍を描く。警察組織・特別祭祀機動隊に所属する刀使の少女たちは、全国に存在する5カ所の中高一貫訓練学校で、ごく普通の学校生活を送るかたわら、荒魂との戦いに身を投じていた。そんな中、5校から選抜された刀使たちが集まり、その技を競う恒例の大会が開催される。

 また、新キャラクター・折神紫(おりがみゆかり)も発表された。20年前に起きた災厄を鎮め国家を救った英雄で、警視庁刀剣類管理局局長となった現在も、最強の刀使としての座を不動のものにしているという。

 なお、今回の発表にあわせて、公式サイトのリニューアルも行われており、各キャラクターたちが持つ御刀や、修得している剣術流派の設定などが公開されている。