大怪我からの復帰を目指すMFユリアン・バイグル

写真拡大

 昨季終盤に大怪我を負ったドルトムントのMFユリアン・バイグルが順調な回復ぶりをアピールしている。クラブ公式サイトが伝えた。

 バイグルが悲劇に見舞われたのは、5月13日に行われたブンデスリーガ第33節のアウクスブルク戦(1-1)。前半途中に競り合いで右足首を痛めてタンカで運び出され、のちに骨折と判明した。デビューからの2シーズンでブンデス64試合中60試合に出場していた21歳MFを襲った悪夢。プロ生活初の大怪我から復帰を目指してリハビリに励んでいたバイグルは、今月28日にようやくランニングを開始できたことを報告している。

「すごくいい感じだよ。今日初めて走ることを許された。これは戦列を長い間離れ、リハビリを行っている選手にとっては大きな節目だ。リハビリに励む選手にとって、また走れるようになることは大きな目標。前進を最も実感でき、筋肉をつけていけるようになるポイントだからね」

 リハビリはここまで順調に進んでいるという。「つまずくことなくここまで来た。脚が腫れたり、熱を持ったりすることもなかった」。また、バイグルは全体練習への復帰時期について「(8月26日開催のブンデス)第2節の中断明けかな」と展望を明かした。


●海外組ガイド

●ブンデスリーガ2017-18特集