現在、ヱヴァンゲリヲン新劇場版は四部作の最終作「シン・エヴァンゲリオン劇場版:||」を鋭意制作中。安野モヨコさんによる「おおきなカブ(株)」でも描かれたように、庵野監督が傷つきながらも前へ進んで取り組んでいる作品です。ワンダーフェスティバル 2017[夏]では、その新たなポスターと一緒にいろいろな造形物が展示されていました。

まずはグッドスマイルカンパニーのアクションフィギュア「パルフォム」シリーズから「エヴァンゲリオン初号機」



NONスケール/発売時期:未定/価格:未定/原型制作:齋藤満(Phat!)/制作協力:千値練/彩色:伊泊龍之/Phat!/©カラー



その背後に張られていたのは「シン・エヴァンゲリオン劇場版:|| 鋭意制作中」というポスター。「続、そして終。非、そして反。」というキャッチコピーがつけられています。赤い地平線を歩いて行く3人の人影は、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のラストからの繋がりを感じさせます。



これはティザービジュアルとして描かれたもので、カラーのInstagramアカウントでは案だったときのイラストが公開されています。

#シンエヴァ #shin_eva #anime #eiga #movie #ilustracion #ilustration #khara #studiokhara #エヴァンゲリオン #株式会社カラー #スタジオカラー khara inc. officialさん(@khara_inc)がシェアした投稿 - 2017 7月 28 5:13午後 PDT


「パルフォム 式波・アスカ・ラングレー」(NONスケール/発売時期:未定/価格:未定/原型制作:遠那かんし(りゅんりゅん亭)/彩色:七兵衛/Phat!/©カラー



アスカの代名詞とも言える、指を相手に向かって突き出したポーズ。



材質や着用感を想像じさせるプラグスーツのテカリがたまりません。



「パルフォム 綾波レイ」(NONスケール/発売時期:2018年3月予定/価格:5980円+税/原型制作:遠那かんし(りゅんりゅん亭)/彩色:七兵衛/Phat!/©カラー)



無表情なようでいて、なにかを訴えかけられているような印象も受ける絶妙な表情。



こちらは爽やかなシンジ&カヲル



「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 碇シンジ 浴衣Ver.」(1/8スケール/発売時期:未定/価格:未定/原型制作:KaNA/©カラー)



浴衣の内側に同色のシャツを重ねています



「ヱヴァンゲリヲン新劇場版 渚カヲル 浴衣Ver.」(1/8スケール/発売時期:未定/価格:未定/原型制作:KaNA/©カラー)



カヲルくんはインナーなしなので、胸板がのぞいています。



本編中では2人が浴衣になることはありませんでしたが、着こなしも立ち姿もいかにも2人っぽい印象です。