店頭に並べられたパンガシウスのかば焼き(提供:イオンリテール)

写真拡大 (全5枚)

 2017年の「土用の丑の日」は、7月25日と8月6日の2回ある。メディアでは、資源の枯渇が心配されるウナギの代用魚として、パンガシウスという淡水魚が盛んに報じられているが、パンガシウスの販売を手がけるイオンリテールは「ウナギの代用魚」ではないと強調。持続可能な水産物として位置付けて提案し、通年販売をする。一体どんな魚なのか。実際に食べてみた。

欧米ではフィッシュ・アンド・チップスなどの料理に

 25日の土用の丑の日の夕方。帰宅途中にイオングループの店舗に立ち寄り、パンガシウスを使った「白身魚のふっくら蒲焼」を購入した。

 世界各地の淡水魚を展示する水族館「アクア・トトぎふ」(岐阜県各務原市)の飼育員によると、パンガシウスは、ベトナムなど東南アジアに分布するナマズの一種だ。パンガシウスの仲間は30種あるが、このうち養殖に用いられるのは数種。さらに、それらを交雑して生育期間を短縮するなど、品種改良に取り組んでいるケースもあるという。日本ではなじみがないが、欧米ではフィッシュ・アンド・チップスやフィッシュバーガーの白身魚フライとして用いられている。

ウナギを上回る肉厚さと十分な食べ応え

 帰宅後、まな板の上に横たえたパンガシウスの切り身を、じっくりながめてみた。白い半身に、つやつやと照りのある茶褐色のタレがふんだんにかけられている。

 幅広で見た目はウナギとほど遠いが、レンジで温めると、かば焼き独特の食欲をそそる匂いがただよってきた。包丁で身を切り分けて、白いご飯の上にていねいに並べて食卓へ。

 濃厚な味わいのタレと白身の柔らかい食感、ほくほくした白米のほのかな甘みを感じた。ウナギを上回る肉厚さ、十分食べ応えがある。一方、身の味わいは淡白で、ウナギの身ほどのうま味は感じられない。ウナギの代わりを務める魚というより、これはこれで別のおいしい白身魚、という印象だ。

「ウナギの代用魚ではありません」

 「当社は、パンガシウスをウナギの代用魚としてはご案内していません。メディアの取材では一生懸命説明しているのですが、代用魚として報道されることがあって」と、イオンリテールの広報担当は困惑気味に話す。「パンガシウスは、淡白な味わいで食べごたえはありますが、ウナギほどのジューシーさはなく、まったく別の魚です」。6月30日から7月25日を拡販期とするが、通年販売を行うという。

 土用の丑の日商戦で、同社はウナギのかば焼きとともに、近畿大学が開発した「近大ナマズ」のかば焼き、豚バラ肉のかば焼きをさかんに売り込んでいる。パンガシウスのかば焼きは、これらかば焼きラインナップの1つという位置付けなのだという。

持続可能な水産物を調達

 同社がパンガシウスの取り扱いをはじめたのは、2014年。持続可能な水産物の調達を検討するなか、環境に配慮した持続可能な養殖を認証する「ASC(Aquaculture Stewardship Council:水産養殖管理協議会)」の認証を取得したパンガシウスがベトナムで養殖されていると知り、輸入を決めた。

 当初はバジルソースやムニエル用の調味料で味付けした切り身などを販売。さらにパンガシウスの消費を拡大するため、今年からは、1年半ほどの期間をかけてタレなどを独自開発したかば焼きを新たに投入した。

パンガシウスは日本市場に定着するのか

 現時点で、土用の丑の日商戦における同社のかば焼き製品トータルの売上高は、前年実績を上回っている状況。今年初めて登場したパンガシウスのかば焼きに、購入客は「あっさりしていて老人も食べやすい」などおおむね好意的だという。今年2回目の土用の丑の日である8月6日に向け、パンガシウスを含むかば焼きの紹介にさらに力を入れる。

 この先、パンガシウスは日本市場に定着するのか。近大ナマズの開発者で、水産物にくわしい近畿大学世界経済研究所の有路(ありじ)昌彦教授(42)は「パンガシウスはタラの味わいに近い白身魚であり、ムニエルやソテー、フライに適している。上手に味付けをして、特徴を生かした料理を考案すれば、結構良い製品になるだけのポテンシャルは持っているのではないか」と話している。

(取材・文:具志堅浩二)